Switch news

犬か?オオカミか?シベリアの永久凍土から謎の動物を完全な状態で発見

犬か?オオカミか?シベリアの永久凍土から謎の動物を完全な状態で発見

太古に生息していた犬のような動物の亡骸が、シベリアの永久凍土の中からほぼ完全な状態で発見された。

 

DNAテストに失敗しまだ特定できず

 

その動物は今から1万8000年前に生息していたとされ、まだ生後2カ月でオスだという。

 

しかしDNAテストに失敗しており、現在もこの動物がどんな種なのかまだ特的できていない。

 

氷河期の犬なのかオオカミなのか、またはオオカミから犬へと進化していく過程の種なのか定かではないそうだ。

 

The Siberian Times
The Siberian Times

2018年夏に発見される

 

この動物は2018年の夏、サハ共和国のヤクーツク北東を流れるインジギルカ川のそばにある、永久凍土の中から発見されたという。

 

そのため鋭い犬歯や、ビロードのような鼻、濃い体毛、頬髭、まつ毛などがほぼ完全な状態で残っていた。

 

The Siberian Times

 

ロシア人科学者のSergey Fedorov博士は、この動物の種を特定するため、サンプルをスウェーデンにある「古遺伝学センター(Centre for Palaeogenetics)」へと送ったそうだ。

 

そこにはヨーロッパ最大のDNAバンクがあり、世界中から集められた犬のDNAも保管されているという。

 

しかしこの動物の最初のDNAテストでは種の特定に失敗。1万8000年前の旧石器時代後期に生息していたことは明らかになったとか。

 

この動物は、現地の言葉で「友達」や「不明」という意味を組み合わせた「Dogor」と名付けられ、今後も分析が進められるそうだ。

 

現代の犬のいくつかの種類は、ヨーロッパに継続して暮らしてきた1つの集団からの子孫と見られており、それらは1万5000年前から4万年前に絶滅したオオカミの種から進化したものと考えられている。(了)

 

出典元:The Siberian Times:Amazingly preserved puppy with whiskers, eyelashes, hair and velvety nose intact puzzle scientists(11/25)

出典元:MailOnline:Lost ‘puppy’ with long whiskers and a velvety nose found perfectly preserved in the Siberian permafrost 18,000 years after it died(11/26)

Return Top