Switch news

知っておきたい世界のニュース

軍事用ロボットのAI開発のため、研究者がゲームをプレーする人間の脳を調査

軍事用ロボットのAI開発のため、研究者がゲームをプレーする人間の脳を調査
UBNow

アメリカで専門家のグループが、軍事用ロボットのために、ゲームでプレーする人間の脳を調べることになった。

 

研究では戦略ゲームが使われる

 

アメリカ国防総省の国防高等研究計画局(DARPA)は先日、ニューヨーク州立大学バッファロー校の人工知能研究所の研究者に対し、31万6000ドル(約3500万円)の補助金を与えたという。

 

その研究では、軍事用ロボットの動きを調整できる、より進化したAIを作り上げるため、ゲームでプレーしている人の目の動きや、脳波を調べることになるそうだ。

 

対象となる被験者は25名。研究ではリアルタイムの戦略ゲームである「スタークラフト」や「ステラリス」「Company of Heroes」も利用される。

 

UBNow

データは人工知能のアルゴリズムに使用

 

研究者はまず、学生がゲームをしている時、彼らの決定事項を記録。ハイスピードカメラで学生の目の動きを追い、脳波を通し彼らの脳の動きを観察するという。

 

その時に得られた情報は、その後空や地上で使われる自律型ロボットの行動を導く、人工知能のアルゴリズムを作るのに使われるそうだ。

 

そして最終的には、複雑な状況のもとで活動する、250台のロボットにまで拡大して適用されることになるとか。

 

そもそも戦闘などで使われるロボットは緊急事態の時に、突然煙などで視界が奪われることがあるが、このような状況を乗り越えるため、適切にコミュニケートを取り、適応できることが必要になってくるという。

 

バッファロー校のSouma Chowdhury助教授は、次のように語っている。

 

「私たちは単に人間の行動を真似たAIが欲しいわけではありません。人間の行動の動機付けとなるものに対する、より深い理解を形作るものにしたいと思っています。それがより進化したAIにつながるものなのです」(了)

 

 

出典元:FOX NEWS:US Army to use gamers’ brain waves to train military robot swarms(2/11)

出典元:UBNow:To advance robot swarms, UB engineers turn to video games(2/13)

Return Top