Switch news

知っておきたい世界のニュース

メラニンから作り出されたクリーム、宇宙線から人間を守る機能を確認

メラニンから作り出されたクリーム、宇宙線から人間を守る機能を確認
flickr_Steve Jurvetson

月や火星といった地球以外で活動する人間を、宇宙線から守るクリームが開発され、注目を集めている。

 

天然色素のメラニンと金属で作る

 

そのクリームの名前は「セレノメラニン」。開発したのはアメリカ、イリノイ州にあるNorthwestern大学の研究チームだ。

 

彼等は動物のメラニン成分である「フェオメラニン」を赤い雄鶏の羽から抽出。さらにそこに含まれる硫黄成分の代わりに金属元素「セレン(セレニウム)」を使い、新しい生体工学材料を含むクリーム「セレノメラニン」を作ったという。

 

そして研究室での実験において、「セレノメラニン」が人体を保護することが確認された。

 

宇宙での長期滞在の問題点

 

NASAによれば、そもそも地球の磁場が失われた宇宙空間では、人間はさまざまな種類の危険な放射線に曝されているという。

 

それらの放射線には、太陽からの紫外線やX線、ガンマ線、さらに太陽系外から高速で飛来する素粒子・銀河宇宙線も含まれるそうだ。

 

それらの宇宙線は人間のDNAを破壊し、目には見えない破壊の蓄積はガンを引き起こし、高線量にさらされた場合、放射線中毒や死に至る可能性もある。

 

このため人類が火星へ行き、長期に滞在するためには、これらの問題を克服する必要があった。

 

赤い色素を生み出す「フェオメラニン」

 

一方、天然色素のメラニンは、人間の髪や皮膚、目に色を与え、同時に太陽からの紫外線から体を守る役割を持つ。

 

New Journal of Scienceの2014年の論文によると、動物のメラニンは2つの主要な形態、「ユーメラニン」と「フェオメラニン」の2つのタイプに分かれ、「ユーメラニン」は髪の毛や皮膚の黒や茶の色をもたらすと言われている。

 

また「フェオメラニン」には硫黄元素が含まれており、人間の唇や赤褐色の髪など赤い部分に含まれ、同時に「ユーメラニン」よりも効果的にX線を吸収すると言われている。

 

そして今回、研究者は「フェオメラニン」に含まれる硫黄の代わりに「セレン」を使い、「セレノメラニン」を作ったそうだ。セレンは、生物のがん予防に役割を果たすことが知られている。

 

実験の結果は?

 

研究者らは「セレノメラニン」が放射線から人体を保護できるかどうかを試した。

 

実験の結果、「セレノメラニン」が塗られた皮膚細胞は、人間に致命的な量のX線の放射線を払いのけることができたという。

 

また「セレノメラニン」は細胞に吸収され、それらは自然に褐色または日焼けした色に変色。さらにDNAが保存されている細胞の核の周りに、「マイクロパラソル(研究者が命名)」と呼ばれる小さなシールドを形成したという。

 

なお追加の実験では、開発されたバクテリアが「セレン」を食べ、「セレノメラニン」を生み出すことも証明された。これにより宇宙空間でも「セレノメラニン」を製造できる可能性が示されたそうだ。(了)

 

出典元:Livescience:Super space sunblock made from skin pigment could shield astronauts from radiation(7/27)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top