Switch news

知っておきたい世界のニュース

約100年間確認されてこなかった稀少なハチ、オーストラリアで発見

約100年間確認されてこなかった稀少なハチ、オーストラリアで発見
Flinders University

長い間見つかっていなかったオーストラリアのミツバチが発見され、科学誌「Journal of Hymenoptera Research」において発表された。

 

直近の記録は1923年のもの

 

そのハチとは、オーストラリアの固有種である「Pharohylaeus lactiferus(ムカシハナバチ科:Hylaeinae)」だ。

 

このハチはこれまで6匹しか発見されておらず、1923年にクイーンズランド州で確認された記録が、最後のものになるという。

 

仲間であるハチの専門家・Olivia Davies氏とTobias Smith博士は、目撃情報がないことから「Pharohylaeus lactiferus」の絶滅の可能性を提起。そこで、Flinders大学の研究者らが大規模なフィールド調査を行った。

 

彼らはニューサウスウェールズ州やクイーンズランド州にある、225の一般的なサンプリングサイトと20のターゲット・サイトにおいて調査を実施。その結果、複数の「Pharohylaeus lactiferus」を確認したという。

 

生息域が限られている可能性

 

「Pharohylaeus lactiferus」は主にオーストラリアの東海岸付近に自生している植物を好んでおり、そこを訪れるハチたちをサンプリングすることで、今回発見したという。

 

またこのハチは熱帯または亜熱帯の熱帯雨林(単一の植生タイプ)の近くでのみ発見されたため、生息域は非常に断片化され、このハチの個体群が孤立した状態にあると考えられるそうだ。

 

このため「P.lactiferus」の個体群は依然として稀であり、生息地の破壊、例えば森林破壊や山火事などの影響を受けやすい、と結論付けた。

 

そもそもオーストラリアには1654種の在来種のミツバチが生息しているが、これらは侵略的なヨーロッパミツバチによって影が薄くなり、一般の人の目にもとまりづらい状況になっているという。(了)

 

出典元:Flinders University:Rare bee found after 100 years(2/26)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top