Switch news

知っておきたい世界のニュース

極寒の中でサーフィンする男性、髭やウェットスーツも凍りつく

極寒の中でサーフィンする男性、髭やウェットスーツも凍りつく
YouTube/Caters Clips

アメリカで冷たい水の中でサーフィンをしていた男性の、驚きの動画が撮影された。

 

マイナス12℃の気温でサーフィン

 

その男性とは、カリフォルニア州のサン・クラメンテ出身のClay Hatchさん(22)。彼は今年の8月、インディアナ州にあるミシガン湖でサーフィンをしたという。

 

しかしその日の気温は、マイナス12℃。冷たい水の中でサーフィンをしていたため、陸に上がった時には、彼の髭は凍ってしまったという。

 

Hatchさんはそんな自分の様子を動画で撮影しており、映像には彼の頭の部分まで凍りついている様子が映っていた。それがこちら。

 

10年もサーフィンを続けてきた

 

Hatchさんはすでに10年もサーフィンをし続けており、このような極端な天候の中でも波に乗り続けてきたそうだ。

 

また彼はこのような状態を「アイス・ビアード(髭)」と呼んでおり、ウェットスーツまで凍ってしまうと説明している。

 

しかもウェットスーツのジッパーも開けることができないため、着たままの状態で車に乗り、家に帰らなければならなかったという。(了)

 

出典元:Caters Clips:Surfer Shows Icicles Stuck To His Beard(10/12)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top