【カリフォルニア山火事】消防士のためにハリウッド俳優が自宅を開放、料理を振舞う

カリフォルニア州南部で発生した山火事。この消火活動に取り組んでいる消防士のために、ハリウッド俳優が自宅を開放したとして、話題となっている。

 

消防士に自宅を開放し、料理を

 

そのハリウッド俳優とは、映画『アウトサイダー』や『セント・エルモス・ファイアー』、『恋するリベラーチェ』などに出演していたロブ・ロウ氏(53)だ。

実はロウ氏の自宅はカリフォルニア州のサンタバーバラという町にあり、そこにも山火事が迫っており、多くの消防士たちが消火活動を続けていたという。

Rob Loweさん(@robloweofficial)がシェアした投稿

しかも彼らは休む間もなく働き続けており、休憩する時も路上で横たわったり、食事も満足に取れなかったりする姿が度々目撃されてきた。

 

そのためロウ氏は、消火活動で疲れきった消防士たちを自宅に招待し、自らスパゲッティやチーズバーガーを作ってもてなしたそうだ。

また彼はその写真を自らのインスタグラムに投稿。「私たちの街を救うため、炎に立ちはだかる消防士たち。カリフォルニア中から集まってくれた彼らに感謝します」とコメントした。

 

するとそれらの写真が多くの人々に注目され、一躍話題になったという。

早くても収束は来年1月になる見通し

 

カリフォルニア州南部の山火事は別名「トーマス」と呼ばれており、約2週間前に発生してから、範囲を拡大し続けてきたと言われている。

 

CNNによればこれまで焼失した面積はすでに27万1000エーカー(約11万ヘクタール)、ニューヨーク市と首都ワシントン、サンフランシスコの3都市を合わせた面積よりも大きく、過去最大規模となる可能性があるという。

 

しかし消防士たちの消火活動や気候条件の変化によって鎮火率は50%に達し、来年1月の第1週には収束するとみられている。

 

ただしこれまでに1000戸が焼失。約10万人が影響を受け、その多くが避難生活を余儀なくされているそうだ。(了)

 

出典元Good News Network:Rob Lowe Opens Home – and Kitchen – to Dozens of California Firefighters(12/19)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でswitch newsをフォローしよう!