英ヘンリー王子とメーガン・マークルさんが婚約、来年春に正式に結婚へ

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

イギリス王室は11月27日、ヘンリー王子(33)と米女優メーガン・マークル(36)さんが来年春に結婚すると発表した。

 

結婚後は兄の家の近くに住むことに

 

チャールズ皇太子の公邸クラレンス・ハウスは声明で「皇太子はヘンリー王子とメーガン・マークルさんの婚約を発表する。結婚式は2018年春に行われる」と明らかにした。

 

また英王室もツイッターの公式アカウントに「エリザベス女王とフィリップ殿下は2人を祝福し、多幸を祈る」とのメッセージを投稿している。

 

ヘンリー王子とマークルさんは結婚後、兄のウィリアム王子一家が暮らしているロンドンのケンジントン宮殿の一角にあるノッティンガム・コテージに住む予定だという。

白人の父親と黒人の母親との間に生まれる

 

ヘンリー王子はエリザベス女王の孫にあたり、チャールズ皇太子と故ダイアナ元皇太子妃との間に生まれた次男。メーガン・マークルさんはアメリカ人の女優で、米テレビドラマ「SUITS/スーツ」の弁護士役などで知られている。

 

彼女は白人の父親と黒人の母親との間に生まれ、離婚歴もある。また女性の権利推進者としても知られており、英国王室には異例の人物だという。

 

婚約発表後、へンリー王子とマークルさんは、初めて2人そろって公の場に登場。ヘンリー王子は白いコートを身にまとったマークルさんと手をつなぎ、ロンドンのケンジントン宮殿にある庭園に姿を現し、写真撮影のためにポーズをとったという。

 

ヘンリー王子は取材陣に「初めて会った時からこの人だと分かった」と話し、マークルさんもヘンリー王子の手をとりながら「とても、すごく幸せ」と語り、王子自らがデザインした婚約指輪を披露したそうだ。

報道陣を避け、外出を避けていた

 

2人はその後、BBCの番組に出演。知り合ったきっかけなどについて、インタビューに応じた。それによれば2人は2016年7月、共通の知人の計らいで出会ったという。

 

当時、ヘンリー王子はマークルさんが出演するドラマなどを一切見たことがなく、マークルさんも英王室のことはよく知らなかったが、その場で意気投合し、マークルさんが「明日の予定は?」と尋ねたそうだ。

 

2人は忙しいスケジュールの合間を縫って同月中に再会し、数週間後にはヘンリー王子の誘いでボツワナへ。星空の下で5日間、2人きりでキャンプしたとか。

 

その後も2週間に1度以上はデートを重ねて遠距離恋愛を乗り切るも、報道陣を避けるために外出を避け、部屋の中でくつろいだ時間を過ごすことが多かったという。

プロポーズはローストチキンを焼く時

 

ヘンリー王子がプロポーズしたのは今月初めのある夜、ノッティンガム・コテージで2人がローストチキンを作ろうとしている時だったそうだ。

 

その時、ヘンリー王子が突然ひざまずいてプロポーズ。マークルさんはその言葉の最後まで待てずに「今『はい』と言ってもいい?」と尋ねたそうだ。その後、ヘンリー王子はマークルさんに指輪をしてあげたという。

 

その婚約指輪にあしらわれているダイヤには、王子が何度も訪れているボツワナで採れたものが1つ、また故ダイアナ元皇太子妃が所有していたものが2つ含まれているとか。

 

イギリスやアメリカでは現在、この話題で持ちきりとなっており、多くのメディアが新たな情報を伝えている。(了)

 

 

出典元:BBC:婚約発表のハリー英王子「天の配剤」 求婚はチキンを焼きながら(11/28)

出典元:CNN:英ヘンリー王子が米女優と婚約 インタビューで馴れ初め語る(11/28)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でswitch newsをフォローしよう!


  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •