Switch news

World News Odyssey

Pickup

ナチスドイツの原爆製造を阻止したレジスタンスの男性、99歳で死去

ナチスドイツの原爆製造を阻止したレジスタンスの男性、99歳で死去
Twitter/mary

第2次大戦中、ナチスドイツが計画していた原爆製造を阻止したとされる男性が、先日亡くなった。99歳だった。

 

原爆の原料を作っていた施設

 

その男性とは、レジスタンスとして活動していたノルウェー人のJoachim Ronnebergさん。

 

当時、ナチスドイツはノルウェーの南部、テレマーク県のRjukanにある水力発電所に施設を作り、そこで原子爆弾の原料となる重水(または酸化重水素)を大量に製造していたという。

 

ドイツ軍は重水をこの施設でしか作っておらず、連合国との間で原爆の開発競争にしのぎを削っていたと言われている。

 

ただしこの施設は厳重な警備体制が敷かれていたらしく、1942年に少人数の部隊が襲撃するも失敗していたそうだ。

 

しかし1943年、Ronnebergさんを含むレジスタンスの部隊が施設の潜入に成功。爆発物を設置し、施設を破壊、ナチスドイツの核兵器製造の野望を打ち砕いたという。

 

再びノルウェーに戻り作戦に参加

 

Ronnebergさんは1919年にノルウェーのオーレスンという町で生まれるも、1940年のナチスドイツ侵攻により、21歳の時に母国から脱出。

 

8人の友人とともに船を使って海を渡り、スコットランドまで逃げ延びたそうだ。

 

しかしその後、テレマークにある施設を破壊するため、再びノルウェーに戻ることを決心。

コードネーム「ガンナーサイド」と呼ばれる連合軍との共同作戦において、Ronnebergさんが参加する5人のメンバーを選んだという。

 

選ばれたメンバーらはパラシュートで高原に降下し、スキーで国を横断、氷の川を渡り、険しい峡谷を下りたと言われている。

 

そして鉄道の線路を伝って施設に潜入。爆発物を仕掛け、施設の破壊に成功した。

 

 

その後、男たちはスウェーデンとの国境までの320kmの道のりをスキーで移動。約3000人のドイツ兵に追われながらも、ついに逃げ延びたという。

 

アメリカ軍の空襲と組み合わさったこの作戦は続く年も行われ、最終的にナチスドイツは原爆製造計画を放棄することになったそうだ。

 

ちなみにRonnebergさんらの活躍はその後、映画化され、『The Heroes of Telemark(邦題:テレマークの要塞)』として1965年に公開された。(了)

 

※映画では今回の記事よりも、複雑な作戦が描かれている。コマンド部隊の輸送機墜落事故や、施設の破壊だけでなく、輸送船の破壊工作もあったとされている。今回の記事は簡略化して紹介しており、その点をご理解いただきたい。

 

 

出典元:BBC:Joachim Ronneberg: Norwegian who thwarted Nazi nuclear plan dies(10/22)

出典元:METRO:War hero who stopped Hitler from producing a nuclear bomb dies aged 99(10/22)

Return Top