Switch news




巨匠ダリがAIで蘇る!米美術館で今年の4月に公開予定

巨匠ダリがAIで蘇る!米美術館で今年の4月に公開予定
YouTube/The Dali Museum

スペイン出身で、シュールレアリズムの代表的画家であるサルバドール・ダリ。彼がAIとして蘇る催しがアメリカで行われることになり、注目を集めている。

 

YouTubeでも一部を公開

 

その催しが行われるのはフロリダ州、St. Petersburgにある「ダリ美術館」。

 

催しは「Dali Lives」と呼ばれ、美術館を訪れる人々が、等身大のスクリーンに映し出される「AIダリ」の解説を聞き、彼の作品を見ることができるという。

 

この展示は今年の4月に公開される予定だが、美術館側は「AIダリ」の一部をYouTubeなどで公開している。

 

生前のインタビューや映像素材を活用

 

もっともこの声自体はダリ自身のものではないとか。ただ動画を見る限り、その姿や表情に不自然なところは見当たらない。

 

美術館はこの「AIダリ」を作るにあたり、広告会社の「Goodby Silverstein & Partners (GS&P)」と契約。

 

「GS&P」はダリの顔を認識するアルゴリズムをトレーニングさせるため、生前のインタビューや引用文、さらに映像素材などを使ったという。

 

その後、ダリと肉体的な特徴が似た役者を採用。役者の顔や表情にマッチしたAIバージョンのダリを合成して作り上げ、顔の部分を置き換えたそうだ。

 

シュールレアリズムの画家として活躍

 

ダリは1904年にスペインのカタルーニャ地方で生まれ、画家になってからはシュールレアリズムの代表的画家として、『記憶の固執』や『ナルシスの変貌』などを手がけ、注目を集める。

 

そして1989年1月23日に84歳で亡くなるが、生前彼は次のように書いていたという。

 

「もしいつか私が死んだとしたら、それはありえないことだが、私はカフェにいる人々が『ダリは死んだ、しかし永遠にではない』と言ってくれることを願っています」

 

AIとして再び蘇ることになったダリ。生前のインタビューの映像もあるので、是非比較していただきたい。(了)

 

 

出典元:MailOnline:Florida’s Salvador Dali Museum unveils AI CLONE of the late artist that will begin interacting with visitors this spring(1/29)

出典元:GEEK:Salvador Dali Museum Unveils Surreal AI Version of Artist That Will Interact With Visitors(1/30)

Return Top