Switch news




ギネスが判定を覆した!英のマラソンで看護師姿の女性を世界記録に認定

ギネスが判定を覆した!英のマラソンで看護師姿の女性を世界記録に認定
Instagram/janderzzz

先日行われたロンドンマラソンで、看護師のユニフォームを着て走った女性の記録が認められなかったとして、注目を集めていた。

 

看護師のコスチューム部門で世界記録を達成

 

王立ロンドン病院で看護師長として働くJessica Andersonさんは、4月28日にロンドンマラソンに参加し、看護師のコスチュームを着て走る女性部門の、世界記録更新に挑戦したという。

 

そして彼女は医療用ユニフォームのスクラブを着て、見事完走。3時間8分54秒でゴールし、今までの世界記録を22秒も縮めたそうだ。

 

しかしギネス世界記録のスポークスマンは、Jessicaさんの服装が看護師のコスチュームの基準を満たしていないとして、記録を認めない方針を伝えた。

 

伝統的な看護師のユニフォームが基準

 

Jessicaさんは完走後に、看護師のコスチューム部門で世界記録に挑戦したいとギネス事務局へ伝え、同時に自分が着たユニフォームの写真も送ったという。

 

そして事務局の担当者もレース中の彼女について確認できたそうだが、「もしスクラブを着て走ったのなら、記録は認められないかもしれない」と話したそうだ。

 

実際、「看護師の服装は、青または白の看護師のドレス、白の袖なしの服、伝統的な看護師の帽子を含めなければなりません。タイツは選択可能です」と伝えたとか。

 

ガイドラインが時代遅れだと批判

 

その後Jessicaさんは事務局側に連絡し、考え直すよう要請。事務局が言う看護師のコスチュームの基準は時代遅れで、将来のマラソンにとっても性差別的な態度だと反論したという。

 

さらに今では、同じ病棟にいるほとんどの看護師がスクラブを着ているとも主張したそうだ。

 

これに対しギネスの事務局側は、Jessicaさんのユニフォームはむしろ医者の服装に似ていると主張。その上で次のように述べたそうだ。

 

「さまざまな違った挑戦のレベルを維持するために、看護師のコスチュームは(医者のものとは)異なっていなければなりません。それゆえに古いファッションやステレオタイプ的な服装が必要条件となるのです」

 

また他の職業のコスチューム部門でも、現実のユニフォームを基準に考えられているわけではないと主張した。

 

しかし5月7日、ついにギネス事務局はガイドラインが時代遅れだとし、スクラブを看護師のユニフォームとして認め、Jessicaさんの世界記録を認定したという。(了)

 

 

出典元:BBC:London Marathon: Nurse says she’s denied record for not wearing a dress(5/4)

出典元:MailOnline:Nurse who ran London Marathon in scrubs gets world record after Guinness bosses U-turn on ruling that she should have been wearing a dress(5/8)

Return Top