Switch news

知っておきたい世界のニュース

カナダTV局が『ホーム・アローン2』でトランプ氏の場面を削除、編集は5年前だったと説明

カナダTV局が『ホーム・アローン2』でトランプ氏の場面を削除、編集は5年前だったと説明
20th Century Fox

先日、カナダのテレビ局が映画『ホーム・アローン2』を放映したが、トランプ大統領の出演シーンが削除されていたとして、物議を醸す事態となっている。

 

トランプ氏の場面がカットされる

 

カナダの公共放送局「CBC」は先日、映画『ホーム・アローン2/ Lost in New York』(1992年公開)をテレビで放映した。

 

その映画にはアメリカのトランプ大統領(当時はまだ大統領ではない)が、ちょっとした場面で出演しているのだが、放送ではその部分がカットされていたという。

 

削除されたのは、マコーレ・カルキン君演じる主人公のケビンが、ニューヨークのプラザホテル内をさまよいながら、すれ違ったトランプ氏演じる人物にロビーの場所を尋ねる場面だ。(下の小さな枠が実際に放送された部分)

 

「政治的動機があるのでは」との憶測が広がる

 

その後、この場面のカットについて、右派のニュースメディアが取り上げ、左派メディアの悪意のあるバイアス(偏向)がかかっていると批判。

 

その後ネットでも、削除には政治的な動機があるのではないかとの噂が広がり、トランプ・サポーターも非難したという。

 

また大統領の長男であるトランプ・ジュニア氏も26日、「哀れだ、クリスマスに放送された『ホーム・アローン2』で、トランプのわずかな出演場面が消え、カナダのCBCが炎上している」とツイートした。

 

 

トランプ大統領は24日、海外に駐留する米軍兵士と行ったビデオ対談の中で、この映画に言及。次のように語っていた。

 

「私は『ホーム・アローン2』に出ているんだ。多くの人が毎年、特にクリスマスが近くなると、そのことに言及してくれる。彼ら、特に幼い子供たちは、『僕はあなたを映画で見たよ』と言ってくれる。彼らは映画の中でのように、テレビに出ている私を見てはいない。しかしあれは、良い映画だった。私は当時、控えめに言えば、少しだけ若かった。あれは光栄だった」

「編集したのは5年前だった」

 

この騒動を受け、CBCも反論。スポークスマンのChuck Thompson氏は、約120分間のフィルムのうち8分間を、コマーシャルの枠のために切り取ったと語った。

 

さらにこの編集が行われたのは5年前(2014年)で、トランプ氏が大統領に選ばれる前だったと述べている。

 

トランプ氏は2015年6月に大統領選に出馬すると表明し、2016年11月に大統領に選出されている。(了)

 

出典元:BBC:Home Alone 2: Canada’s CBC broadcaster defends cutting Trump scene(12/26)

出典元:CBC:CBC edit of Trump scene from Home Alone 2 was done in 2014(11/26)

出典元:The Guardian:Home Alone 2: Donald Trump scene cut in Canada, angering supporters(12/27)

Return Top