Switch news

知っておきたい世界のニュース

コロナウイルス対策で一時閉館した水族館を、ペンギンたちがお客になって見学

コロナウイルス対策で一時閉館した水族館を、ペンギンたちがお客になって見学
Twitter/Shedd Aquarium

新型コロナウイルスの影響で閉館となった米国イリノイ州の水族館が、館内をペンギンたちに解放。普段は客に見られる側のペンギンが、展示の水槽を見て回った。

 

閉館を利用して

 

コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、米国でも人の集まる催事が次々と中止されている。イリノイ州のShedd水族館も、3月16日から当分の間閉館することになったのだが、その機会をペンギンのレクリエーションに利用した。客となったペンギンたちが、無人の館内を自由に見て回った。

 

アマゾンにペンギンが?!

Shedd水族館のペンギンたちは、他の動物を見るために館内のフィールドトリップに出かけました。(ペンギンの)ウェリントンは、アマゾン川の魚の展示に興味を引かれたようです。また、水槽の中の魚、シルバーダラー・メチニスも、見慣れないペンギンのお客が気になるようでした。

 

ペンギンにとって魚はご馳走だ。興味を引かれるのはもっともなこと。館内の様々な魚を見て、さぞかし興奮したことだろう。

 

見学客はイワトビペンギン

 

動画に映っているペンギンのウェリントンは、頭部の飾り羽に特徴があるイワトビペンギン。今回の見学ツアーには、他にもモンテ、エドワード、アニーという3匹のイワトビペンギンが参加している。モンテは北太平洋に生息するカマイルカに特に惹かれたらしい。また、雄のエドワードと雌のアニーは、常に行動を共にしていたという。

 

冒険は続く!

今朝、エドワードとアニーは、水族館の円形ホールを探検しました。この2匹はイワトビペンギンのカップルで、これからの巣作りのために一緒にいます。Shedd水族館のペンギンは、春が巣作りのシーズンです。それは今年も変わっていません!

 

エドワードとアニーが見ているのは、南アジアの魚を集めた水槽。ちなみにこの2匹は、来週あたりから巣作りに取り掛かるらしい。

 

イリノイ州では現在、1000人以上が集まるイベントが禁止され、250人以上のイベントの自粛が要請されている。これを受けて、水族館、博物館、動物園などが相次いで休業しているとのこと。(了)

 

出典元:Chicago Tribune:These videos of penguins running free inside Shedd Aquarium are just the coronavirus distraction we need(3/17)

出典元:KIRO7:Penguins take ‘field trip’ at Chicago’s Shedd Aquarium while it is closed due to coronavirus(3/17)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top