Switch news

知っておきたい世界のニュース

【全仏オープン】ジョコビッチ選手が、再びライン審判にボールを当ててしまう

【全仏オープン】ジョコビッチ選手が、再びライン審判にボールを当ててしまう
Twitter/Eurosport_UK

テニスプレーヤーのノバク・ジョコビッチ選手が、全仏オープンで再びライン審判にボールを当ててしまった。

 

サーブを打ち返そうとするも…

 

ジョコビッチ選手は10月5日、全仏オープンの男子シングルス4回戦で、ロシアのカレン・ハチャノフ選手と対戦。

 

第1セットで、ハチャノフ選手が放ったサーブを打ち返そうとしたが、そのボールがラケットの端にあたってしまう。

 

そしてボールはそばにいたライン審判の顔に直撃。ジョコビッチ選手は慌てて審判に近づき、心配そうにケガの様子を確認した。その様子がこちら。

 

全米オープンでは失格となる

 

ジョコビッチ選手は、この前に行われた全米オープンでも、ライン審判に向かってボールを当てている。

 

この時、ラケットで何気なく打ったボールが背後にいた女性審判の喉に当たったのだが、その後ジョコビッチ選手は危険行為を行ったとして、失格となり、試合に負けてしまった。

 

もっとも今回は、ボールがラケットの端に当たっただけのため、危険行為とはならず、失格になることもなかったとか。

 

結局、ジョコビッチ選手は「6-4」「6-3」「6-3」でハチャノフ選手を下し、準々決勝に進んだという。

 

しかしツイッターには、「どうもジョコビッチ選手は最近、ライン審判と相性が良くないようだ」とのキャプションが付けられている。(了)

 

出典元:MailOnline:Novak Djokovic accidentally hits line judge AGAIN during French Open quarter-final against Karen Khachanov… bringing back memories of his US Open disqualification last month(10/5)

出典元:LADBIBLE:Novak Djokovic Hits Line Judge In Face At French Open(10/6)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top