Switch news

知っておきたい世界のニュース

エベレストでも新型コロナが蔓延、ベースキャンプで多くの登山者が感染か?

エベレストでも新型コロナが蔓延、ベースキャンプで多くの登山者が感染か?
flickr_Mário Simoes

ネパール側にあるエベレストのベースキャンプにおいて、新型コロナウイルスに感染する登山者が増えているとの情報がある。

 

ネパール国内では1日に7000人以上が感染

 

インドの隣国であるネパールは現在、新型コロナの新規感染者が1日に約7000人以上もおり、昨年の10月以来の多さになっているという。

 

そしてエベレスト山へ登るためのベースキャンプでも、新型コロナに感染した人が多く出ており、症状を示した登山者が搬送されているそうだ。それでも山は登山者に開放され、情報も錯綜しているため、物議を醸している。

 

ベテランのエベレスト・ウォッチャーであるAlan Arnette氏は、状況の複雑さについて、次のように述べている。

 

「エベレストのベースキャンプにCovidがいる、あるいはいたことは明らかです。少なくとも、エベレストのベースキャンプでCovidを持っていた人がカトマンズに運ばれ、そこで陽性反応が出て、治療を受けていることは明らかです。また、ネパールでは新たな感染者が急増しており、再びロックダウン(行動規制)に入っていることも明らかになっています。ネパールの観光当局は、ベースキャンプでは肺炎になった1人以外は問題がないと否定し続けています。国内外のガイドたちも、ウイルスについては一切触れずに、登山の様子だけを投稿しています」

 

登山者たちが経験談を投稿

 

感染した人数については、それぞれの証言に開きがある。登山者のSNSでの投稿によれば、最大で30人が感染しているとしているが、ネパール登山協会は、今シーズンはまだ感染者が4人(3人が登山者、1人がガイド)しか確認されていないという。

 

ニューヨーク在住の登山家であるGina Marie Han-Leeさんは、4月29日に自身の状況をフェイスブックに投稿。その中で次のように述べている。

 

「私は1日目に、ベースキャンプからヘリコプターでカトマンズへ戻されました。カトマンズの病院にいた時、Covidの検査を受け、陽性が判明しました。そして、肺炎を患い、4晩を集中治療室で過ごしました」

 

またイギリス人の登山家であるSteve Harrisさんも「高地性肺水腫」と診断を受け、4月20日にベースキャンプから避難したが、その後の検査で新型コロナの陽性になったという。彼は次のように述べている。

 

「ベースキャンプでのCovidの状況は完全に混乱しています。(略)私はCovid-19の検査について聞かれたり、勧められたりしませんでした。ナムチェ(最初に搬送されたバザール)で4日間過ごした後、ヘリコプターでカトマンズの病院に救急搬送されました。そこで検査を受けたところ、Covid-19と肺炎の陽性が確認され、1週間の集中治療を受けました」

 

ネパール政府は、5月6日から5月14日の深夜まで、デリーからの週2便を除くすべての国際便の運航を停止することを発表。しかしエベレストでの登山シーズンが中止になるのではないか、との憶測も広がっているという。(了)

 

出典元:The Guardian:Everest Covid outbreak throws climbing season into doubt(5/3)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top