Switch news

知っておきたい世界のニュース

発掘された70年代のお人形が不気味すぎる!その正体は?【過去のワダイ】

発掘された70年代のお人形が不気味すぎる!その正体は?【過去のワダイ】
GammaCounter/Twitter

とってもおもしろかったり、とってもかわいらしかったりワダイは、何年経っても色あせないもの。数年前の過去のワダイから、今でも人々を驚かせるトピックを紹介する。

 

発掘された妻の思い出の人形

 

Twitterユーザーで放射線技師のAlanさんは、2018年8月2日にこんなツイートを投稿した。

 

 

「妻が思い出の山の中から、子供の頃の人形を見つけてきたんだ。この表情を見てみてよ!」

 

ツイートに投稿された動画には、腕を回すのに合わせて表情がコロコロ変わる姿が映し出されている。あまりにもスムーズに変わる表情を見ていると、そのうち自我を持って話しかけて来そうな不気味さがある。

 

リプライや引用ツイートには、「怖い夢に出てくる」「チャッキーのいとこだ」「素晴らしいと恐ろしいの間にいる」など、この人形の不気味さを楽しんでいる人々の声が寄せられている。

 

人形の正体が判明

 

妻はこの人形をギリと呼んでいたそうだが、それがこの商品名かどうかは不明だという。この人形の正体で分かることは、身体に刻印されている情報のみだ。

 

それによると1972年にバービー人形で有名なマテル社が、メキシコで製造したものだという。

 

Twitterユーザーの手にかかれば、この人形の正体がわかるのに対した時間はかからなかった。

 

この人形はSaucyと呼ばれているものだと判明した。ピンクの洋服が良く似合う女の子だ。

 

人形のレントゲン写真を撮影

 

放射線技師であるAlanさんは、その職業を生かしてSaucyの内部を撮影している。

 

 

それによると金属は想像していたほど使われておらず、プラスチックのパーツが組み合わされていたのだという。

 

ちなみに撮影時のSaucyは、「急に起き上がっておしっこをもらすこともなく、クレームも言わない、理想的な患者だった」そうだ。

 

 

妻の思い出の人形は、時を超えて今度は大人を夢中にしている。(了)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top