Switch news

知っておきたい世界のニュース

失われたイタリアの村、70年ぶりに湖の底から姿を現す

失われたイタリアの村、70年ぶりに湖の底から姿を現す
Instagram/luisa2506

イタリアで、湖の底に沈んでいた村が、長い年月を経て、今回姿を現した。

 

水力発電の建設で湖の底に沈む

 

今回、姿を現したのは、南ティロルと呼ばれるボルツァーノ自治県にあるCuron村。

 

この村は1950年に、水力発電のプラントを建設する際、「Resia湖」の下に沈められたという。

 

しかし今年の5月16日、メンテナンスのため、一時的に水が排水され、約70年ぶりに村が姿を現した。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Luisa A. 🇮🇹(@luisa2506)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Luisa A. 🇮🇹(@luisa2506)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Luisa A. 🇮🇹(@luisa2506)がシェアした投稿

教会の塔が残っていた

 

湖の底に沈む前、村には160軒以上の家があったが、当時の面影を残すものは、教会の塔しか残っていなかったそうだ。

 

この動画を撮影したのは、地元住民の女性であるLuisa Azzoliniさん。彼女はその後、複数の動画をインスタグラムに投稿した。

 

そこには、形のある家はほとんど残っておらず、基礎部分や壁の一部、アーチ状の門のような形跡しか残っていなかった。

 

しかし地元の人々は興味深げに、周囲を探索していたという。Azzoliniさんが投稿した複数の動画は、「Storyful」にまとめられている。(了)

 

 

出典元:Yahoo News:Lost Italian Village Emerges From Lake After More Than 70 Years Underwater(5/20)

Return Top