Switch news

知っておきたい世界のニュース

米の動物園で稀少なアムール・ヒョウが誕生、赤ちゃんがお披露目

米の動物園で稀少なアムール・ヒョウが誕生、赤ちゃんがお披露目
YouTube/Storyful News

絶滅が危惧されているアムール・ヒョウの赤ちゃんが、アメリカの動物園で生まれ、先日初めて一般公開された。

 

今年の8月に動物園で誕生

 

お披露目が行われたのは、カリフォルニア州にあるSanta Barbara動物園だ。

 

ここでは今年の8月に、アムール・ヒョウの赤ちゃんが誕生。「Marta」と名付けられたという。

 

そして11月4日、生後3カ月になった「Marta」は初めて一般に公開された。その様子がこちら。

 

母親との絆を深めるため公開されず

 

「Marta」は生まれてから、母親との絆を深めるため、しばらく一般には公開されずにいたという。

 

そして11月4日には、1時間近く、屋外の環境で過ごすことになったそうだ。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Santa Barbara Zoo(@santabarbarazoo)がシェアした投稿

 

世界自然保護基金によれば、アムール・ヒョウはロシア極東の温帯林に適応した希少な亜種で、ヒョウの中でも最北端に生息域を持つという。

 

このヒョウは時速60kmほどで走ることができ、水平方向に19フィート(約5.8m)以上、垂直方向に10フィート(約3m)以上跳ぶことができると言われている

 

また一部のオスは交尾後もメスと一緒にいて、子育てを手伝うこともあると報告されているそうだ。寿命は10〜15年、飼育下では20年にも及び、別名「極東ヒョウ」「満州ヒョウ」「朝鮮ヒョウ」とも呼ばれているという。

 

しかしアムール・ヒョウは、大型ネコ科動物の中で最も絶滅の危機に瀕しており、野生下で残っているのは100頭以下とも言われている。(了)

 

出典元:NBC:Rare Amur Leopard Cub Makes Her Public Debut at the Santa Barbara Zoo(11/5)

出典元:Yahoo News:Leopard Cub Makes Public Debut at Santa Barbara Zoo(11/5)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top