Switch news

知っておきたい世界のニュース

絵本『はらぺこあおむし』の作者・エリック・カール氏が死去、作品に込めたメッセージとは?

絵本『はらぺこあおむし』の作者・エリック・カール氏が死去、作品に込めたメッセージとは?
YouTube/Penguin Kids

絵本作家のエリック・カールさんが今週の初め、亡くなった。91歳だった。

 

世界中で愛され続けている絵本

 

カールさんの家族は5月26日、彼が5月23日に亡くなったと発表。家族に見守られながら、安らかに息を引き取ったと明らかにした。

 

カールさんは、これまで70冊以上の子供向け絵本のイラストを描き、デザインを行ってきたという。それらの絵本はこれまでに1億7000万冊も販売されたと言われている。

 

そんな彼の作品の中で最も人気が高いのが、『はらぺこいもむし(The Very Hungry Caterpillar)』だ。この作品は1969年に出版され、世界中で愛され続け、日本でも多くの人々が幼い頃に手にしたのではないだろうか。

 

また2020年には最も販売された絵本のNo1にも選ばれているそうだ。

 

YouTube/Penguin Kids

幼い頃にドイツへ渡る

 

カールさんは、1929年6月25日、ニューヨークの街、シラキュースでドイツ系移民の子供として誕生。6歳の時、父親のErich Carleさんと母親のJohannaさんとともに、出身地であるドイツのシュトゥットガルトへ戻ったという。

 

1950年、彼は有名な美術学校「アカデミー・デア・シュトゥットガルト芸術大学(Academy of Fine Arts)」を卒業し、わずか40ドルと画帳を手に、アメリカ・ニューヨークへ戻ってきたそうだ。

 

そしてイラストレーターであり、アートディレクターであるLeo Lionnni氏の指導を受け、新聞社「ニューヨーク・タイムズ」で職を得る。

 

1967年から絵本作家として活動

 

しかし朝鮮戦争が勃発した時、カールさんは米陸軍に徴兵され、従軍。除隊後に再び「ニューヨーク・タイムズ」へ戻り、その後医療系広告代理店のアートディレクターに就任したという。

 

絵本のイラストレーターとしての彼のキャリアは、1967年から始まる。

 

作家のBill Martin Jrさんが、医療雑誌に掲載されたカールさんの広告の絵を見て、『Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?』という本を書くよう勧めたのがきっかけだという。

 

カールさん自身の最初の絵本『1, 2, 3 to the Zoo』も1967年に出版され、その後『はらぺこあおむし』が出版される。この本は現在、世界70カ国語に翻訳されているそうだ。

 

YouTube/Penguin Kids

「これは希望の本」

 

カールさんは『はらぺこあおむし』の人気について、2019年にペンギン社の記念動画において、次のように語っていたという。

 

「これは希望の本だと思います。子供には希望が必要です。取るに足らないあおむしも、成長し、美しい蝶になることができます。そして自らの才能を携え、世界に羽ばたくことができるのです。そんなことが自分にできるのか?ええ、できます。これがこの本の訴えたいことだと思います」

 

多面的なアーティストとしてカールさんの仕事は、絵本に留まらず、絵画、彫刻、演劇、さらには家具のデザインなど、さまざまな芸術媒体も手がけていたという。

 

家族は「カールさんが最後までアーティストだったとし、死ぬまで働き続けた」と語っている。(了)

 

 

NHKのサイトでもカールさんの戦争当時の体験のことが紹介されている。是非、そちらもご覧いただきたい。

 

出典元:GMA:Eric Carle, author of ‘The Very Hungry Caterpillar,’ dies at 91(5/26)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top