Switch news

知っておきたい世界のニュース

フィリピンのワクチン接種会場で、ゾンビ映画が上映されてしまう

フィリピンのワクチン接種会場で、ゾンビ映画が上映されてしまう
Twitter/htgrlzzk

フィリピンでもすでに新型コロナワクチンの接種が進められているが、その会場で意外な映画が上映された。

 

ウイルスに感染し、ゾンビになる映画

 

フィリピンでもワクチンの接種率をあげようと、さまざまな工夫が行われているようだが、メトロ・マニラに接した町、カビーテの接種会場ではある映画が上映されたという。

 

その映画とは『World War Z』。これは謎のウイルスに感染した人が、次々にゾンビになっていく設定なのだが、ワクチン接種を待っている人がこの映画を見たそうだ。

 

そしてツイッターユーザーの「@hotgirlzizke」さんは、その時の写真を投稿。「私の姉妹の友人が、カビーテでワクチン接種をするため並んでいる。そこでは待っている間、映画が見られるんだけど、ちょっと疑問の残る映画のチョイス…」とツイートした。

 

賛否両論のコメント

 

その後、「@hotgirlzizke」さんの投稿にはさまざまなコメントが寄せられたという。

 

まずは映画の選び方に肯定的な人は、次のように述べている。

 

「ワクチン接種にとっては、素晴らしい映画だ」

「これはパーフェクトな映画。病気が人々をゾンビにするから。ゾンビになりたくなければ、ワクチンを打とう!」

 

また他のユーザーは次のようにコメントしている。

 

「『コンテイジョン』が次の映画で上映されるって想像してみて。特にパンデミックがワクチン接種で終息したことを考えると、『コンテイジョン』は素晴らしい教育的な映画になるでしょう」

「ホラー映画が(怖くて)見られない人も座っていなければならず、待っている間、映画を見なければならないって、想像してみてよ」

 

ちなみにコメントを見ると、「ワクチンを打ってゾンビになるかもしれない」という発想をしたユーザーは、あまり多くないようだ。(了)

 

出典元:Indy100:Philippines vaccine centre screens zombie movie to people before they get jabbed(8/30)

Return Top