Switch news

知っておきたい世界のニュース

アメフトの大学リーグが開幕、8万人の観客がノー・マスクで集まる

アメフトの大学リーグが開幕、8万人の観客がノー・マスクで集まる
Twitter/Nicole Elisei

アメリカで、アメリカンフットボールの大学リーグ戦が開幕し、多くのスタジアムに観客が押し寄せる事態となった。

 

専門家は警告を発する

 

アメリカでは9月4日に、大学のアメフトのリーグ戦が行われ、多くのファンがスタジアムに詰めかけたという。

 

しかもウィスコンシン大とペンシルベニア州立大学との試合では、8万人収容できるスタジアム内は満員となり、ほとんどの人々がマスクをしていなかったそうだ。

 

観客たちは、過密な状態のスタジアム内で、伝統の「ジャンプ・アラウンド」を繰り返して盛り上がっていたとか。

 

しかし専門家は「今はまだ、いつものようなビジネスに戻るべき時ではない」と警告している。

 

特に南部ではデルタ株が蔓延

 

アメリカの特に南部では、新型コロナウイルスのデルタ株が蔓延しており、国内全体でみても、新規感染者や入院患者、または死亡者の数は増加しているという。

 

昨シーズンは各大学がそれぞれ試合を行なったが、その時、観客は州のガイドラインで決められたソーシャル・ディスタンスに従う必要があり、観客数も制限されていたそうだ。

 

しかし今年は、その制限も緩和され、特にフロリダなど多くの州のスタジアムでは、観客の肩と肩が触れ合うほど「密」となり、人々はマスクさえしていなかったという。

 

しかも観客には、ワクチン接種証明書の提示も必要なかったと言われている。

 

フロリダ州では、パンデミックが始まって以来、最も大きなCOVID-19の波が押し寄せており、感染力の強いデルタ株が感染者の増加につながっているそうだ。(了)

 

出典元:MailOnline:Saturday gamedays are back! Incredible scenes as fans flock back to college football stadiums across America with no masks or social distancing despite surge in COVID cases and hospitalizations(9/5)

Return Top