Switch news

知っておきたい世界のニュース

おもちゃと思われあわやゴミ箱行きのダイヤ、実は3億円の価値がある本物だった!

おもちゃと思われあわやゴミ箱行きのダイヤ、実は3億円の価値がある本物だった!
Featonby's

それは、売れば300万ドル(約3億4千万円)近くにもなろうというダイヤ。持ち主のイギリス人女性は、フェイクアクセサリーだと思い込み、捨てそうになっていた。

 

どこかのガラクタ市で買ったもの

 

イングランド・ノーサンバーランド州に住む70才の女性(名前は明かされていない)は、あちこちのガラクタ市やガレージセールで、安物のアクセサリーや小物を買うのが趣味だったという。

 

ある日、家の大掃除の際、そうして集めた箱一杯のガラクタを、捨ててしまおうと思い立ったようだ。1ポンド硬貨(直径約2.3cm)より大きいダイヤの指輪も、この箱の中にあった。

 

このダイヤの競売を主催するオークションハウスの担当者、Mark Laneさんはこう話す。「彼女はいつもガラクタ市でガラクタを買っていました。このダイヤが本物だと思ったことは、これまで一度ありませんでした」。

 

ゴミ箱に捨てそうになっていた女性に、近所の人が、オークションハウスに鑑定してもらったらどうかと助言したそう。

 

Featonby’s

 

オークション担当者も偽物かと

 

オークションハウスのLaneさんも、あまりに巨大なダイヤを本物とは思わず、キュービックジルコニアだと思ったそう。それで机の上に置いて放っておき、数日後に鑑定機器にかけると、どうやら本物らしかった。

 

確認のため、ダイヤはノーサンバーランドからロンドンに送られ、そこからさらに、ベルギーの専門鑑定家のもとに送られた。そして鑑定結果は……

 

「色、透明度、サイズ……34カラットのこのダイヤはどれも規格外れの素晴らしさです」とLaneさんは言う。その価値は、大雑把に見積もって274万1520ドル(約3億1366万円)。オークションハウスで働いて5年になるLaneさんも、これほど高額なものを扱うのは初めてだそう。(カラットは重さの尺度。1カラット=0.2g)

 

ダイヤは今後、ロンドンの宝石取引の中心地であるハットンガーデンの金庫に保管され、11月30日に競売にかけられる予定だ。(了)

 

出典元:New York Post:Woman nearly discards diamond worth $3M after mistaking it for toy(10/29)

出典元:BBC:Diamond worth £2m found during Northumberland home clearout(10/29)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top