Switch news

知っておきたい世界のニュース

米でマウンテンライオンの赤ちゃんを発見、母親が現れず保護される

米でマウンテンライオンの赤ちゃんを発見、母親が現れず保護される
National Park Service

アメリカで、複数のマウンテンライオン(ピューマ)の赤ちゃんが発見され、現在動物病院に保護されているという。

 

生物学者が一時的に保護

 

その赤ちゃんは当初4匹おり、11月29日にカリフォルニア州・サウザンドオークスの山麓近くにある、オフィスビルの外で発見されたという。

 

4匹は、生後6週間しかたっていないと考えられ、ピクニックテーブルの下にいるのを人間に発見されたと報じられている。

 

その後、しばらく赤ちゃんの母親が現れるのを待っていたが、姿を見せなかったため、一旦州の魚類野生生物局の生物学者が子猫を預かり、検査をしたそうだ。

 

National Park Service

仮の巣穴で母親を待つことに

 

4匹の赤ちゃんは、臨時の名前として「P-100」「P-101」「P-102」「P-103」と名付けられたという。

 

そして小型の無線機がついた首輪を装着され、現場近くにある仮の巣穴に入れられ、夜に母親が現れるのを待つことになったとか。

 

その巣穴はカメラで監視されていたが、結局母親は現れず、12月2日の未明には4匹のうち2匹が死んでいるのが確認された。

 

このため生物学者らが、生き残った2匹を保護し、オレンジ郡の動物病院へ搬送したという。母親が現れなかった原因は、すでに死んでいたのか、または育児放棄が考えられたが、正確には分かっていない。

 

今後、マウンテンライオンの赤ちゃんたちは、終の棲家が見つかるまで、オレンジ郡の動物園に一時的に収容されることになるそうだ。(了)

 

 

出典元:NBC Los:Mountain Lion Kittens Found Under Picnic Table in Thousand Oaks(12/10)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top