Switch news

知っておきたい世界のニュース

ブルームバーグ、うっかり「ロシアがウクライナへ侵攻」と伝えてしまう

ブルームバーグ、うっかり「ロシアがウクライナへ侵攻」と伝えてしまう
Twitter/Olga Lautman

アメリカの大手メディア「ブルームバーグ」が先日、誤った報道をしてしまった。

 

ニュースサイトが見出しを投稿

 

ロシア軍がウクライナ国境に集結し、アリカ政府が侵攻の可能性を警告している中、「ブルームバーグ」のニュースサイトは2月4日にある見出しを投稿した。

 

それは「ロシアがウクライナへ侵攻した」という内容だ。しかし実際、ロシアはウクライナへ侵攻しておらず、これは誤報だと明らかになった。

 

その後、「ブルームバーグ」はこの記事を削除したが、すでにSNSにはその時のウェブページの画像が投稿されていた。(下の投稿では左上の隅に、その見出しが出ている)

 

スポンサーリンク

見出しは約30分間表示された

 

記事はサイトのトップページに掲載されていたのだが、投稿したロシア人アナリストのオルガ・ラウトマンさんによると、この見出しは約30分間表示されたままだったという。

 

ただ記事をクリックしたユーザーには、エラーページしか表示されなかったそうだ。ラウトマンさんは、この報道が「現実ではないと思った」としながらも、次のように語っている。

 

「(ロシアによるウクライナへの)潜在的な大規模な侵略であり、誰もが緊張していることを考えると、これはかなり異様で、大きなミスです」

 

「ブルームバーグ」によれば、事前に書いていた見出しを誤って掲載してしまったという。広報担当者はメールで、次のように書き送ってきたそうだ。

 

「われわれは多くのシナリオを想定して見出しを用意しており、そのうちの1つを本日午後4時(米東部標準時)ごろ、誤ってウェブサイトに掲載してしまいました。私たちはこの誤りを深く反省しています」

 

「ブルームバーグ」の広報担当者によれば、なぜ誤って見出しが投稿されたのか、現在調査をしているという。(了)

 

 

出典元:NYPost:Bloomberg accidentally reports that Russia invaded Ukraine(2/4)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

Return Top