Switch news

知っておきたい世界のニュース

ウクライナ軍がミサイルで反撃か?ロシア領の軍事基地が破壊される

ウクライナ軍がミサイルで反撃か?ロシア領の軍事基地が破壊される
Twitter/Illia Ponomarenko

ウクライナでの戦闘が激化しているが、SNSにはロシア領にある軍の基地が攻撃されたとの投稿が行われた。

 

この情報については未確認だが、いくつかのメディアが伝えている。(未確認であるため、誤情報であった場合は、記事を削除する)

 

炎上するロシア軍基地

 

Newsweekによれば、ウクライナのミサイルは、国境から16キロ離れたロシアのロストフ州の町、ミラーロヴォにあるロシア軍基地を攻撃したようだという。

 

ソーシャルメディアの投稿では、攻撃を受け炎上したミラーロヴォの空軍基地の写真や映像が紹介されている。

 

またウクライナのメディア「Kyiv Independent」のジャーナリスト、イリア・ポノマレンコさんも、金曜日に “多数の敵機が破壊された “とツイートしている。

 

スポンサーリンク

使われたのは戦術弾道ミサイルか?

 

ミラーロヴォは、ウクライナ領の都市・ルハンスク(ルガンスク)から約190キロ離れたロシア自治領内の街とされている。

 

またロストフ州は、ドネツク州やルハンスク州(ルガンスク州)の東側に接しており、完全にウクライナの外になる。

 

この攻撃では、ウクライナ側によって「Tochka-U」という戦術弾道ミサイルが使われた可能性が指摘されているという。

 

ただ、ウクライナのメディアによると、すでにロシア軍が首都のキエフに入ったとされ、その映像などもSNSに投稿されている。

 

 

現時点で、民間人を含む少なくとも137人のウクライナ人が死亡し、数百人が負傷しているという。(了)

 

出典元:Newsweek:Russian Military Base Blown Up as Ukraine Fights Back(2/25)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

Return Top