Switch news

知っておきたい世界のニュース

「キーウの幽霊」はフェイクニュース、ウクライナ空軍が認める

「キーウの幽霊」はフェイクニュース、ウクライナ空軍が認める
Twitter/Ukraine / Україна@Ukraine

ロシアとの戦いで驚異的な戦果をあげているという、ウクライナの凄腕パイロット「キーウの幽霊」。ウクライナ政府の公式ツイッターには彼の戦闘シーンや人物写真と思われるものが投稿され、賞賛を集めていた。ところが、彼は実在していないと、最近、ウクライナ空軍が明らかにした。

 

彼の名はステパン・タラバルカのはずだった

 

ウクライナ空軍の発表は、おかしなことに、「キーウの幽霊」の存在と戦死がイギリスメディアによって確認された2日後にあった。

 

イギリスの「The Times」紙は4月29日、「ロシア機40機を撃墜したキーウの幽霊が戦死」という大見出しの記事を掲載。その中で、「キーウの幽霊として知られるパイロット」である「ステファン・タラバルカ少佐(29才)」が、3月13日に、圧倒的多数のロシア機との戦闘中に撃墜され、死亡したことを伝えた。ウクライナの関係者に確認した情報であるとのことだった。

 

ところが2日後、ウクライナ空軍が公式フェイスブックで、かねてから存在が疑問視されていた「キーウの幽霊は、ウクライナ人の創作」であったと認めた。つまり、そのようなパイロットは最初からいなかったのだ。「ステファン・タラバルカは『キーウの幽霊』ではない。40機の敵機を撃ち落としてもいない」とはっきり述べている。

 

スポンサーリンク

フェイクを流すな、とウクライナ空軍は言うが

 

前述のウクライナ空軍のフェイスブック投稿には、フェイクをネット上にアップしないようにというウクライナ人向けのメッセージが書かれている。

 

だが、これもおかしなことに、ウクライナ政府は、キーウの幽霊に関して以前にこんなツイートをしている。

 

人々は彼をキーウの幽霊と呼ぶ。それにはふさわしい理由がある。ウクライナ空軍のエースである彼は、我々の国と首都の空を支配し、侵略者ロシアのパイロットたちにとって悪夢となっている。

 

動画中には、彼がミグ29に乗っていることや、「ロシアの侵攻開始後30時間のうちに6機の敵戦闘機を撃ち落とした」こと、「2月26日にはさらに10機」撃墜したことなどが、具体的に書かれている。さらに、本人像と思われる写真が最後に入っている。

 

「キーウの幽霊」が実在の人物のように扱われているのは否定しようがない。だが、実在しないのだから、これはフェイクと言っていい。ウクライナ空軍がやるなと言っていることを、ウクライナ政府がやっていることになるが……どうなっているのかわけがわからない。(了)

 

出典元:EuroWeekly:Fighter ace dubbed “Ghost of Kyiv” was actually fake news, Ukraine military admits(3/3)

出典元:Yahoo!News:Heroic ‘Ghost of Kyiv’ fighter pilot is a myth, Ukraine says(3/2)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

Return Top