Switch news

知っておきたい世界のニュース

サッカーW杯のスタジアムでアルコール販売が禁止へ、ファンが激怒

サッカーW杯のスタジアムでアルコール販売が禁止へ、ファンが激怒
Twitter/FIFA World Cup

まもなく中東のカタールで、サッカーのワールドカップが始まるが、競技以外で物議を醸しているという。

 

スタジアムでのアルコール禁止

 

カタール国内では厳しいアルコール規制がかけられているが、大会を主催する国際サッカー連盟「FIFA」は以前から、スタジアムでアルコールを購入できると説明していた。

 

しかし11月18日、FIFAは突然、すべてのサッカースタジアムでのアルコール飲料の持ち込みが禁止され、スタジアム周辺でのアルコ―ルの販売が禁止されると発表した。

 

これに対し、すでに現地にいるイギリスのサッカーファンたちは激怒したという。

 

スポンサーリンク

「恥を知るべきだ」

 

カタールでは、公共の場での飲酒が禁止されているが、国側はワールドカップのスポンサーを尊重することを約束していたという。

 

今大会のスポンサーの1つである「バドワイザー」も、スタジアムでのビール販売の独占権を得ていたそうだ。

 

しかしスタジアムでの飲酒が禁止されたことで、FIFAがカタール王室からの圧力を受け、それに屈したと考えられている。

 

カタールに到着していたファンの中には、FIFAに返金を要求した人もいたとか。また大会直前に、このような判断を下したFIFAに対し「恥を知るべきだ」との意見も出たという。

 

あるファンは「事前に禁止事項を知っていれば、チケットや航空券に何千ポンドも使うことはなかった」と不満を漏らしたそうだ。

 

スポンサーリンク

特別席では飲酒可

 

そもそもビールやコカ・コーラなどの飲料は、各試合の3時間前からと、試合後1時間まで、8つのスタジアムの周辺で販売される予定だったという。

 

しかし今回の禁止措置で、観客たちはパブリックビューイングなどが行われるファンのための広場や、ホテルでしか飲酒できなくなるそうだ。

 

ただし2万2450ドル(約315万円)以上するコーポレートボックス席(特別席)に座れる人たちは、今回の飲酒禁止に関わらず、これまで通り、さまざまなアルコール飲料を楽しむことができる。

 

多くのSNSユーザーらは、このような措置が「偽善」だとして、カタール政府を非難しているという。

 

ちなみに、路上で酔っ払っているところを発見されたサッカーファンは、刑務所に入れられたり、高額な罰金を科されたりする可能性があると言われている。(了)

 

出典元:MailOnline:‘FIFA should be ashamed of themselves’: Fans who spent £5,000 jetting to the World Cup demand REFUNDS from tournament chiefs for ‘giving in’ to conservative Qatari royals who ‘ruined the tournament’ by BANNING stadium beer sales two DAYS before kick-off(11/18)

出典元:The Guardian:Multiple World Cup sponsors concerned over contracts after Qatar’s alcohol ban(11/18)

 

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top