Switch news

知っておきたい世界のニュース

トム・クルーズの新作映画プロモ動画が狂気の沙汰

トム・クルーズの新作映画プロモ動画が狂気の沙汰
Twitter/Stephen Ford@StephenSeanFord

映画『ミッション:インポッシブル』のプロモーションのために、トム・クルーズが、文字通りインポッシブルなスタントを披露。動画がSNSで拡散されている。

 

飛ぶ飛行機の胴体の上で

 

動画に映っているのは、旧式の複葉プロペラ機に乗っているクルーズさん。乗っていると言っても、座席に座っているのではない。胴体の上に、風を直に受けながら立っているのだ。そして、『ミッション:インポッシブル』の新作を宣伝する。眼下には南アフリカの雄大な渓谷(ブライデ・リバー・キャニオン)が広がっている。

 

クルーズさんが喋っている途中で、クリストファー・マッカリー監督が別の複葉機で近づき、「もう戻らなければ」と声をかける。すると、クルーズさんは立ったまま、飛行機が急旋回で下降するのだ。この最後の場面には度肝を抜かれる。

 

スポンサーリンク

新作『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング』でお会いしましょう

 

クルーズさんは次のようなことを喋っている。

 

みなさんこんにちは。できればみなさんと一緒にそちら側に居たかったけど、こっちはうるさくてごめんなさい。お分かりの通り、僕らはミッションインポッシブルの最新作を撮影中です。

 

そして今は、南アメリカの素晴らしいブライデ・キャニオンの上に居ます。僕らが作っているのは、みなさんが劇場の大きな画面で観れる映画です。

 

(黄色い飛行機に乗ったマッカリー監督)ヘイ、邪魔して悪いな、トム。

 

やあ、あなたか……彼はクリス・マッカリーです。

 

(マッカリー監督)みなさんこんにちは。それより聞いてくれトム、邪魔したくはないが、もう行かなければ。暗くなってきてるし、燃料が残り少ない。

 

そうか……行かなきゃいけないのか……燃料が少ないのはマズイな。すみませんが、僕たち行かなきゃいけません。

 

(マッカリー監督)ちょっと待て、みなさんにあのことは話したか?

 

ああ、そうだった。今度はミッションインポッシブルの予告編でお会いしましょう。今公開中のトップガン マーヴェリックでもね。どうか楽しんで、良い夏をお過ごしください。あと、アクションも。映画でお会いしましょう。

 

(急旋回する飛行機)

 

クルーズさんは、アクションシーンを自ら演じ、スタントマンを使わないことで知られている。ちなみに7月3日で60才になった。(了)

 

出典元:New York Post:Tom Cruise promotes new ‘Mission Impossible’ movie with insane stunt(9/5)

出典元:Wikipedia:ミッション:インポッシブルシリーズ

出典元:Wikipedia:トム・クルーズ

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top