Switch news

知っておきたい世界のニュース

21人が死亡した中国のウルトラマラソン、羊飼いが6人の選手の命を救う

21人が死亡した中国のウルトラマラソン、羊飼いが6人の選手の命を救う
flickr_Michael Woodhead

先日、中国でウルトラマラソンが行われ、数多くのランナーが亡くなったが、その際1人の羊飼いが数人の選手を救ったとして、注目を集めている。

 

気温が低下、雹も降ってきた

 

5月22日、中国甘粛省の山岳地帯では、100kmの距離を競う、クロスカントリーの「ウルトラマラソン」が開催された。

 

レースは穏やかな気候の下で開始されたが、その後天気が急変。気温は低下し、氷のようなみぞれや雹も降ってきたという。

 

レースに参加していた選手らは薄手のウェアを着ていたため、天気の急変により多くが低体温症などにかかったと言われている。

 

また参加した172名のうち多くの選手が行方不明となり、大規模な捜索活動も行われたが、結局21人が亡くなった。

 

長年使っている洞窟に避難

 

しかしこの時、1人の羊飼いの男性が、男子選手3人と女子選手3人を安全な場所へ避難させ、命を救った。

 

その羊飼いの男性とは、ジュウ・ケミンさん。彼は当時羊の世話をしていたが、天気が急変した時、長年使ってきた非常用物資を保管している小さな洞窟に避難したという。

 

しかし洞窟の中にいた所、外で音がし、1人の男性選手が身体が動けず、方向感覚も見失い、痛みを訴えているのを目撃。彼を洞窟へ連れてきて、火を起こしたそうだ

 

その後、ジュウさんは再び山の中腹へ戻り、さらに5人の選手を洞窟へ導き、避難させた。1人はジュウさんが背負って、洞窟まで運んだと言われている。これにより、ジュウさんは6人の選手の命を救うこととなった。

 

助けられた選手の1人、チャン・シャオタオさんは「私を救ってくれた人に感謝の気持ちを伝えたい。彼がいなければ、私はそこに取り残されていたでしょう」と投稿したという。

 

一方、ジュウさんは、自分を「単に普通のことをした普通の人間です」と述べ、「もっと多くの人を救えなかったことが残念だ」と語ったそうだ。(了)

 

出典元:Good News Network:Shepherd is Hailed As Hero, Braving Freezing Temperatures to Save 6 Runners in Chinese Ultramarathon(5/27)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top