Switch news

知っておきたい世界のニュース

セラピードッグが飛び降り自殺寸前の女性を思いとどまらせた

セラピードッグが飛び降り自殺寸前の女性を思いとどまらせた
Twitter/Devon and Somerset Fire and Rescue Service

心理カウンセリングなどに参加して患者の心を開かせるセラピードッグが、橋の上に立った自殺志願者を救った。

 

消防士のトラウマを癒していたセラピードッグ

 

そのセラピードッグの名前はDigby(上の写真)。イギリス南西部にあるDevon and Somerset消防署で、消防士たちの心を癒す役目を担ったラブラドール犬だ。消防士の中には、任務中の体験がトラウマとなり、心を病んでしまう人がいるという。Digbyは、そうした消防士の心の癒しになっていた。

 

そのDigbyが、消防署の外でも活躍することになったのが、今月16日のこと。その日、通報を受けた署の救助隊は、Exeter市付近にある幹線道路の橋に向かった。一人の女性が橋の縁に立っており、様子がおかしいというのだ。

 

女性が自殺を意図していると知った隊員は、説得にあたった。こうした場面での説得を専門とする警察のネゴシエーター(交渉人)も彼女と話したが、「状況はどんどん厄介になって行った」という。

犬に心を開いた自殺志願者

セラピードッグのDigbyを連れて来てはどうか、というアイディアを出したのは隊員の一人だったそう。消防署はこの事件の経緯を説明したツイートの中で、こう言っている。

一人の消防隊員の頭に、Digbyを連れて来るというアイディアが浮かんだ。〜(中略)〜Digbyはこれまで、トラウマを負った隊員のトーキングセラピーに加わり、助けになっていた。

カウンセラーと話し合いをするセラピーに、Digbyが加わると、患者(消防士)が心に秘めたことを、打ち明けやすくなるらしい。

 

「Digbyが到着すると、その女性はすぐさまDigbyの方に振り向いて笑った。それをきっかけに、Digbyのことや、Digbyの役割についての会話が始まった」そうだ。さらに、彼女は、自分自身の人生についてもDigbyに向けて話した、とDigbyのトレーナーがメディアに語っている。

 

その後、「よかったら手すりの向こうでなく、こっちへ来て、Digbyに会わないか」という誘いに彼女は応じ、自殺を思いとどまった。

 

現在、彼女は保護され、メンタルヘルスの専門家によるケアを受けているとのこと。(了)

 

出典元:The Western Journal:‘Amazing’ Therapy Dog Saves Life of Woman Who Was on the Verge of Jumping Off Bridge to Her Death(6/18)

出典元:BBC:‘Amazing’ therapy dog helps woman on motorway bridge(6/17)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top