Switch news

道具は太陽とレンズだけ!日光を使い複雑な絵を描くアーティストがすごい

道具は太陽とレンズだけ!日光を使い複雑な絵を描くアーティストがすごい

太陽の光を使い、これまでにない絵を描いてきたアーティストをご存知だろうか。

 

インスタのフォロワーは2万人以上

 

そのアーティストとは、アメリカのコロラド州を拠点に活動をしている、Michael Papadakisさん(32)だ。

 

彼はなんと日光を使い、レンズで木製のパネルを焦がすことで、複雑な絵を描いているという。

 

そしてPapadakisさんは自らの作品をインスタグラムに投稿しており、現在は2万人以上のフォロワーから支持されている。

 

シルクロードを旅していた時に思いつく

 

以前、彼を紹介した記事によれば、Papadakisさんはそれまで従来の絵筆や絵の具を使い、絵画を描いていきたという。

 

しかし2012年にアジアとヨーロッパをつなぐシルクロードを旅していた時に、レンズを使って絵を書く事を思いついたそうだ。

 

 

しかも幸運なことにPapadakisさんが暮らすコロラド州の町、Goldenは1年間で300日は晴天に恵まれているため、彼は以来5年近くも修行を続けてきたとか。

 

その作品は驚く程細かく、インスタグラムの作品を見た人からも「驚きだ!」や「美しい!」「スゴイ作品だ」といったコメントが寄せられている。(了)

 

※どんな風に制作しているのかについては、下の動画をご覧いただきたい。

 

 

出展元:Cater Clips:Artist Creates Portraits Only Using Sun(11/8)

出典元:ODDITYCENTRAL:Artist Paints with the Sun Using Magnifying Glass as His Brush(2017/5/3)

Return Top