Switch news

露で陥没した道路から熱湯が噴出、車内の男性らが生きたまま茹でられ死亡

露で陥没した道路から熱湯が噴出、車内の男性らが生きたまま茹でられ死亡

ロシアで車が陥没した道路に落下し、乗っていた人間が熱湯に茹でられて死亡する事故が起きた。(アイキャッチはイメージです)

 

道路が陥没し、パイプから熱い湯が出る

 

この事故が起きたのは、ペンザ州の州都にある車の駐車場。この敷地の地面が突然割れ、パイプから熱い湯が噴出したという

 

その穴に車が落下し、乗っていた2人の男性、Vladimir Valyalkinさん(49)とIgor Chikasovさんが湯に飲み込まれ、死亡した。

 

2人の男性は即死したとみられ、あまりにも突然のことで彼らを救出する機会はなかったと言われている。

 

75度の熱湯を浴び死亡

 

噴出したお湯の温度は75℃とされ、2人は生きたまま茹でられたという。

 

ロシアでは厳しい冬の間、住宅を暖めるため熱い湯がパイプを伝って流れていく仕組みになっているそうだ。

 

水道会社の「T Plus」は遺族に補償金を支払うことを約束。亡くなった人の葬式代も支給すると発表している。

 

数分前には別の車が止まっていた

 

地元のニュースメディアのジャーナリストによれば、この事故が起きる数分前、この場所には他の車が止まっていたという。

 

そのドライバーはすぐに地面から蒸気が出ているのに気づいて移動。そのあとに今回、犠牲になった人が乗った車がやってきたそうだ。

 

地元の人々はこの事件にショックを受けると同時、SNSでも怒りを露わにしていると言われている。(了)

 

 

出展元:Mirror:Horror as two men ‘boiled alive’ after car plunges into red-hot sinkhole(11/20)

出展元:METRO:Two men boiled alive after their Lada fell into sinkhole in car park(11/19)

Return Top