Switch news

知っておきたい世界のニュース

J・バイデンの暗殺を計画していた男、車に大量の武器や爆発物を所持

J・バイデンの暗殺を計画していた男、車に大量の武器や爆発物を所持
Twitter/Joe Biden

米民主党の大統領候補であるジョー・バイデン氏の暗殺を企てていたとみられる男の裁判が行われ、その詳細が明らかにされた

 

5月に逮捕、10月初旬に裁判

 

その男とは、ワシントン州出身のAlexander Hillel Treisman被告(19)だ。

 

同被告は今年の5月、駐車場に停めてある車(バン)に関する通報を受けた、ノースカロライナのKannapolis警察によって逮捕されたという。

 

そして今月の初旬に裁判が行われ、その記録から当時、被告が大量の銃や爆発物を所持し、銃乱射事件や大量虐殺を行う計画をしていたことが発覚。

 

さらに大統領候補であるジョー・バイデン氏の暗殺を計画をしていた証拠も明らかとなる。

 

大量の銃や爆発物を所持

 

裁判の記録によれば、Kannapolis警察は当時、Treisman被告の車の中に「AR-15」と同じスタイルの銃や爆発物、そして拳銃や弾薬の入った箱を見たという。

 

そして車内を調べたところ、合計で50万ドル(約5200万円)相当の銃火器や、サバイバルの方法や爆弾の作り方、銃の改造の方法が書かれた本なども発見され、携帯電話には未成年者のポルノ動画や画像も見つかったそうだ。

 

しかしTreisman被告は、大量の銃を所持していた罪には問われておらず、小児性愛のポルノ動画などを所持していた疑いで逮捕されたとか。

 

銃乱射事件やバイデン氏暗殺も計画

 

また裁判で、Treisman被告の携帯電話のメモには、2019年10月15日の日付で、クリスマスやブラックフライデーの日にショッピングモールのフードコートなどで銃乱射事件を起こす計画について記されていたという。

 

さらに裁判に提出された証拠には、2020年4月15日のTreisman被告による投稿もあり、そこには「ジョー・バイデンを殺すべきか」というキャプションが書かれていた。

 

そして裁判所の記録には、Treisman被告が「バイデン氏の住所の情報」や「銃に関する州法」「ライフルの部品」「ナイトビジョン ゴーグル(暗視装置用ゴーグル)」などをネットで検索していた証拠も示されたそうだ。

 

また「バイデン氏の殺害」に関する被告の投稿や、ニューハンプシャー州で「AR-15」を購入したこと、バイデン氏の自宅から4マイル(約6.4km)以内にある店「ウェンディーズ」を訪れた事実も、裁判の証拠に含まれていたという。(了)

 

出典元:CBS:19-year-old plotted to kill Joe Biden, court documents indicate(10/23)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top