Switch news

知っておきたい世界のニュース

洪水のニュース放映中、レポーターの立つ橋が崩れた

洪水のニュース放映中、レポーターの立つ橋が崩れた
Twitter/Amber Roberts@AmberFOX46

アメリカ・ノースカロライナ州のニュースレポーターが、洪水現場からとんでもない場面を生中継した。危険な状態にある、と彼女が言うそばから、橋の一部が彼女の足元で崩れ去ったのだ。

 

橋の凹みを指さしていたら…

 

先週末、熱帯性低気圧「エタ」がアメリカ・ノースカロライナ州で猛威をふるった。ニュースレポーターのAmber Robertsさんは、11月13日、その様子を伝えるために、同州アレクサンダー郡にあるHiddenite橋の上に立っていた。

 

川は増水し、水面は橋桁のすぐ近くまで迫っている。「この橋の道路は、文字通り沈みつつあります」。そう言ったRobertsさんは足元を指さし、「地面を見てください、凹んでいるのが分かるでしょう」と続ける。

 

確かに、道路を横断するような凹みがアスファルトの上にできている。カメラはその後増水した川の風景を映し、再び橋に戻るのだが、次の瞬間……凹んだ部分が崩れ去り、何もなくなってしまうのだ。Robertsさんがその録画を、個人のツイッターアカウントに投稿している。

 

 

飛び退いた彼女は無事

 

Robertsさんは大声を上げ、カメラマンと共にその場から退がり、2人とも無事だった。しかも、さすがはプロのレポーターだ、こんなふうに中継を続けている。

 

オーケー、我々(Robertsさんとカメラマン)は後ろに退がっています。後退しています。ここまで退がってライブでお届けしています。道路が崩れました。我々が数秒前に立っていたその道路です。神に感謝します、後ろに退がれてよかった。

 

彼女はこのライブ放送から2時間後、同地区の洪水被害をレポートする中で、橋が崩れた時のことについてこう話している。

 

私にとっても、カメラマンにとっても、あの時の状況は間違いなく恐ろしいものでした。その瞬間はただ冷静さを保つしかありませんでした。後ろに退がって、あとはひたすら幸運を祈るだけです。ありがたいことに、私もカメラマンも大丈夫でした。大丈夫でない、それどころか大変なことになっているのは、あの橋の方でしょう。

(了)

 

出典元:yahoo! news:Bridge splits apart during live flood report in ‘heart stopping video’(11/14)

出典元:The Indian Express:Watch: Close shave for TV reporter as bridge collapses live on-air(11/15)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top