Switch news

知っておきたい世界のニュース

腹痛の男性患者は、携帯電話を丸ごと飲み込んでいた!

腹痛の男性患者は、携帯電話を丸ごと飲み込んでいた!
Facebook/Skender Telaku

ノキアの携帯電話「Nokia 3310」を丸ごと飲み込んだ男性の手術がうまく行き、命が助かった。コソボ共和国で先週あった出来事を、海外メディアが伝えている。

 

レントゲンに写った携帯電話

 

コソボの首都プリシュティナにある病院に訪れた33才のその男性は、腹痛を訴えた。医師が話を聞いたところ、携帯電話を飲み込んだと言ったらしい。それは4日前のことで、もしも本当なら、男性の腹の中に携帯電話が4日間も留まっていたことになる。

 

おそらくその医師も、すぐには信じられなかっただろう。ところが、レントゲンを撮ってみると、携帯電話機がちゃんと写っていた。写真がフェイスブックに公開されている。

 

Facebook/Skender Telaku

内視鏡手術で取り出す

 

もちろん、この電話機をそのままにしておくわけにはいかない。特に危険なのは、本体に内蔵されたバッテリーだ。「バッテリーは破裂するかも知れず、破裂すれば化学物質が内臓の中に広がり、命を落とす可能性もある」と、主治医のSkender Teljakuさんは現地メディアに話している。

 

早速手術ということになり、手術開始から2時間後に電話機は取り出された。開腹手術でなく、内視鏡を用いて電話機を3つのパーツに分解してから取り出したとのこと。鋏のようなもので本体を挟んで引っ張り出す動画映像が、フェイスブックに公開されている。出て来た電話機の写真も載っている。

 

 

Facebook/Skender Telaku

 

ところでこの男性は、どうして携帯電話などを飲み込んだのだろう? 知りたいところだが、本人は口を閉じているらしく、どのメディアでも理由は不明となっている。

 

余談だが、取り出された電話機は「Nokia 3310」でなく、それと外見がそっくりの中国製らしき「L8STAR BM90」だと伝えるメディアもある。「L8STAR BM90」はサイズの小さいミニフォンなので、Nokiaよりは飲み込みやすいかも知れない。(了)

 

出典元:Newsweek:Doctors Remove Nokia 3310 From Man’s Body After He Swallows It(9/3)

出典元:Metro:Man somehow swallows entire phone and then needs doctors to remove it(9/5)

Return Top