Switch news

知っておきたい世界のニュース

米の小学校で再び銃乱射事件、上院議員が銃規制改革を行うよう議会で懇願

米の小学校で再び銃乱射事件、上院議員が銃規制改革を行うよう議会で懇願
Twitter/ABC News Politics

アメリカのテキサス州にある小学校で銃乱射事件が起き、多くの子供たちなどが犠牲となった。

 

19人の子供と教師などが死亡

 

その事件が起きたのは5月24日、場所はテキサス州南部の町、ユヴァルデにある小学校とされている。

 

その日、銃で武装した男が小学校に侵入。AR-15スタイルの銃を乱射し、少なくとも19人の子供と2人の大人(そのうち1人は教師)が射殺された。

 

犯人の名前はサルヴァドル・ラモス容疑者。ユヴァルデ高校の学生でとされ、現場で射殺されたという。

 

しかしアメリカでは、先日も黒人を狙ってスーパーで銃撃事件が起きたばかりだ。

 

スポンサーリンク

「なぜ、あなたたちはここにいるのか?」

 

この事件の後、コネチカット州選出で民主党のクリス・マーフィー上院議員は、議会において共和党の議員らに銃規制改革を行うよう懇願。次のように演説した。

 

「子供たちは恐怖の中で暮らしています。教室に足を踏み入れるたびに、次は自分たち(が殺される)と思うのです。(略)子供たちが命を守るために逃げているのに、私たちは何もしていません。私たちは一体何をしているのでしょうか?このような本質的な問題を解決しないのなら、なぜ、あなた方はここにいるのですか?これは必然ではないんだ この子たちは運が悪かったわけでもない。こんなことが起こるのはこの国だけです。他のどの国でも起きていません。その日に撃たれるかもしれないと思いながら学校に通う子供なんて、ここ以外どこにもいません。親が子供と話をしなければならないなど、(そんな国は)他にどこにもありません。(略)これは選択なのです。それを続けるかどうかは、私たちの選択なのです。私たちは何をしているのでしょうか?(略)私は懇願するためにこのフロア(議会)にいるのです。文字通り、手と膝をついて、同僚たちに懇願するためだ。このようなことが起きないような法律を成立させる方法を、私たちと一緒に考えてください」

 

 

マーフィー議員は両手を合わせ、懇願するそぶりをし、次のように続けた。

 

「殺戮が増えても、子供たちが命からがら逃げ出していても、もしあなたたちの答えが、『私たちは何もしない』というのなら、なぜあなたたちは合衆国上院のために、この時間をずっと費やしているのですか?私たちは何をしているのですか?なぜここにいるのですか?」

 

マーフィー上院議員の選挙区では、2012年12月にも銃乱射事件が発生。多くの人が犠牲になっており、当時彼は民主党の下院議員だったという。(了)

 

出典元:ABC News:At least 19 children, 2 adults dead after shooting at Texas elementary school (5/25)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

Return Top