Switch news

知っておきたい世界のニュース

竜巻の被害を受けたサファリパークから、2頭のトラが逃走【アメリカ】

竜巻の被害を受けたサファリパークから、2頭のトラが逃走【アメリカ】
flickr_Keith Roper

先週、アメリカのミシシッピ州では大規模な竜巻が発生したが、その後ジョージア州の町も竜巻の被害を受け、サファリパークからトラが逃げ出したという。

 

施設が竜巻の被害を受ける

 

そのサファリパークとは、「パインマウンテン・アニマル・サファリ」だ。

 

3月26日の朝、このパークは竜巻に襲われ、施設のインフラがダメージを受けたという。

 

その後、施設内にいた2頭のトラが行方不明になっているのが判明、一時的にパークから逃げ出したことが明らかになったそうだ。

 

Troup郡の保安官事務所も26日の朝、Facebookで「パインマウンテン・アニマル・サファリから、トラが園内で行方不明になっているという報告を受けた」と発表した。

 

スポンサーリンク

現在、トラは施設内に戻されている

 

しかしその後、トラは発見され、現在は施設内に戻されているという。「パインマウンテン・アニマル・サファリ」は次のように報告した。

 

「ジョージア州(南西部)の多くの地域と同様に、パインマウンテン・サファリも今朝(26日)、大規模な竜巻の被害を受けました。幸いなことに、動物や従業員にケガはありませんでした。しかし、いくつかの動物の囲いが破られ、2頭のトラが一時的に逃げ出しました。現在、2頭は発見され、鎮静化され、安全な囲いに戻されています」

 

この動物園は、121ヘクタールの広さがあり、ウェブサイトによると、ベンガルトラを含む75種の動物が生息しているという。

 

また園内では、車に乗ったままサファリを楽しめるように設計されており、檻はなく、動物たちは自由に歩き回っているそうだ。

 

3月24日夜、ミシシッピ州でも大規模な竜巻が発生し、多くの建物が倒壊。現在までに少なくとも26人の死亡が確認されている。(了)

 

出典元:The Guardian:Two tigers briefly missing after Georgia zoo damaged by tornado(3/26)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top