風景から絵画までさまざま、フライパンを使った卵アートがユニーク

Instagram/the_eggshibit

ある男性が朝食のためにフライパンの上で作る、手の込んだユニークな卵料理が話題となっている。

 

フライパンの上にユニークな形を表現

 

その男性とは、メキシコに住むアーティストのMichele Baldiniさん。彼は毎朝、ヘラを巧みに操り、目玉焼きなどをいつもとは違う、ユニークな形に仕上げてきたという。

 

そして自身が作った卵料理を写真で撮影し、自らのインスタグラムに投稿してきたそうだ。

 

その結果、今では彼のインスタグラムのフォロワーは9000人以上もおり、世界中の人々によって個性的な朝食がシェアされているとか。

 

風景から絵画までさまざま

 

実際、どんな料理か見てみよう。まずは月に吠える狼。黄身がちょうど満月になっている。

 

カップルがキスをする場面。

 

スターウォーズの「ストーム・トルーパー」もこの通り。

 

こちらは世界地図。白身の上に乗った黄身が、大陸の形にそっくり。

 

下はクモの巣。クモには目までついていて、表情がカワイイ。

 

こちらはゴッホの「星月夜」をモチーフにしたもの。

 

「東京」という漢字も正確に表現している。

 

一体、どのようにして作っているのかは明らかにされていないが、不思議なくらい、見事に表現されている。

 

まだまだ多くの作品があるので、Baldiniさんのインスタグラムthe_eggshibit)もぜひ、ご覧いただきたい。(了)

 

出典元:boredpanda:Artist Turns His Breakfast Eggs Into Works Of Art

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でswitch newsをフォローしよう!