Switch news

知っておきたい世界のニュース

米国のスマホマニアが、服やプラスチックが透けて見える「X線モード」カメラを発見

米国のスマホマニアが、服やプラスチックが透けて見える「X線モード」カメラを発見
YouTube/Unbox Therapy

スマートフォンの高級機種の中に、特殊なカメラ機能が搭載されているものがあると分かり、話題になっている。

 

海外のスマホマニアたちが「X線ビジョンモード」と呼ぶそのフィルター機能をオンにすると、プラスチック板や服の布地が薄っすらと透けて見えるようになる。

 

実際は赤外線フィルター

 

話題になっているスマートフォンは、最近発売された「One Plus 8 Pro」と、iPhoneX 以降の上位機種。

 

ユーザーたちは「X線ビジョン」と呼んでいるが、海外メディアによればX線ではなく、正確には「赤外線フィルター」のことだそう。例えば「One Plus 8 Pro」の場合、カメラを使うときに、カラーフィルターの1つに分類されている「Photochrom(フォトクローム)」をオンにすると、赤外線フィルターがかかった状態になる。

 

赤外線はある種の物体を透過するが、人間の目で見ることはできない。だが、赤外線フィルターを通すとそれが見えるようになる。「One Plus 8 Pro」のカメラにこの機能があることは、一般に宣伝されていなかったが、いち早く発見したBenjamin Geskinさんというツイッターユーザーが、動画でそれを報告した。Appleの製品の一つ「Apple TV」の、プラスチックのボディを透して、中の電子部品が見えている。

 

 

この赤外線フィルター(「Photochrom」モード)は、Tシャツの生地も薄っすらと透視させてくれる。それを紹介した動画がYouTubeにアップされている。(3:45秒あたりから3:55秒まで)男性が着た黒いTシャツの下に箱が隠れているのが分かるだろう。箱はiPhoneの外箱で、箱表面の模様も見て取れる。

 

iPhoneのTrueDepthカメラでも

 

iPhone X 以降の上位機種には、顔認証によるロック解除に使うことができる「TrueDepth(トゥルーデプス)カメラ」が搭載されている。これにも赤外線フィルターの効果があり、プラスチック板を透かし見れるそうだ。

 

Guilherme Ramboさんというツイッターユーザーが、「Apple TV」で試した動画を上げている。確かに中の電子部品が見える。

 

(了)

 

出典元:Metro:Smartphone fans discover secret ‘X-ray vision’ mode that sees through clothes and plastic(5/15)

Return Top