Switch news

知っておきたい世界のニュース

イギリスの山で石を積みあげた謎のアートを発見、未だに作者は分からず

イギリスの山で石を積みあげた謎のアートを発見、未だに作者は分からず
Twitter/Borrowdale Institute

イギリスの山で見事なアート作品が見つかり、誰が作ったのか、憶測を呼んでいる。

 

平らな石を積み上げてアーチを描く

 

その作品が見つかった場所は、イングランド北西部の湖水地方にあるBorrowdale谷の周辺だという。

 

アート作品は、細く平らな石を積み上げて、見事な円の形に作られていたそうだ。しかもそれらは複数、発見されている。

 

発見したのは写真家のCarl Hallidayさんで、彼はその写真を撮影し、その後SNSに投稿。注目を集めたという。

 

村人は「Borrowdaleのバンクシー」と呼ぶ

 

しかし現在も、これを誰が作ったのかは、明らかになっていない。村の人々は作者を「Borrowdaleのバンクシー」などと呼んでいる。

 

Windermere在住の彫刻家のShawn Williamsonさんは、取材に対して次のように述べている。

 

「この作品は大きなスレート板をアーチ状に組み上げて、風景を縁取っています。この作品は、湖水地方の伝統的な工芸品を象徴していて、自然の風景の中に織り込まれているので、とても神秘的です」

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Carl Halliday(@carlhalliday)がシェアした投稿

 

実は過去にもアーチを含むいくつかの作品は作られてきたという。そして、熟練した登山家やウォーキング愛好家が丘陵地帯で発見してきたそうだ。(了)

 

 

出典元:BBC:Lake District mystery as elaborate stone artworks appear(5/19)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top