Switch news




豪中央部を襲った熱波の影響で、野生の馬90頭の死骸が発見される

豪中央部を襲った熱波の影響で、野生の馬90頭の死骸が発見される
flickr_firelizard

オーストラリア中央部で記録的な猛暑が続いており、多くの野生の馬の死骸が発見された。

 

写真がSNSやメディアにシェアされる

 

オーストラリア中央部のノーザンテリトリー州の町、Santa Teresaでは12日間連続で41℃を上回る、記録的な猛暑に襲われているという。

 

このため同エリアの水飲み場が干上がり、先日オーストラリア先住民のレンジャーが90頭の野生の馬が死んでいるのを発見した。

 

またその写真は、Ralph Turnerさんによって撮影され、その後SNSや地元メディアによってシェアされることに。その写真が下になる。

 

※写真にはショッキングな場面が写っているため、閲覧にはご注意いただきたい。

 

「こんなことは初めてです」

 

Ralph TurnerさんはABC News Australiaの取材に対し、次のように語っている。

 

「来る日も来る日も、暑い天候が続いていました。私にはこのようなことが、ここで起きたことが信じられません。このような事が起きたのは、これが初めてです」

 

地元当局の「Central Land Council」は声明で、さらに野生の馬、50頭を駆除すると発表。理由は、発見された馬の死骸によって、他の野生動物が頼っている他の水飲み場が汚染される可能性があるから、と述べている。

 

しかし馬のさらなる駆除に反対する人もいたことから、1月24日には地元住民とのミーティングが開かれたという。

 

オーストラリア気象局は、熱波が移動しているとしながらも、まだ今のところ、国全体が涼しくなる兆候はないとしている。(了)

 

 

出典元:ABC News:90 horses found dead in Australian Outback during massive heat wave(1/24)

出典元:Central Land Council:CLC warns of more emergency feral animal culls(1/24)

Return Top