Switch news

知っておきたい世界のニュース

オーストラリアの海岸で、海洋生物学者が偶然美しいクラゲに遭遇

オーストラリアの海岸で、海洋生物学者が偶然美しいクラゲに遭遇
Instagram/snorkeldownunder

オーストラリアで海洋生物学者が、偶然青いクラゲに遭遇し、その様子を撮影した。

 

青い体をした美しいクラゲ

 

その海洋生物学者とは、Lawrence Scheeleさん。

 

彼は先日、クイーンズランド州のRainbowビーチで、偶然美しい青いクラゲを発見したという。

 

そのクラゲは岩の間にできた潮だまりにいたそうだが、Scheeleさんはその様子を撮影。インスタグラムに投稿した。

 

映像には青い体の色をしたクラゲが、触手のようなものを広げる様子が映っていた。

 

触手のようなものには毒がある

 

このクラゲは「ギンカクラゲ」という名前で、触手のようなものは感触体と呼ばれている。

 

大きさは直径2cmから4cmほど。また「ギンカクラゲ」は群体性クラゲの一種で、主に暖かい海を漂い、日本では主に本州の太平洋沿岸に生息しているという。

 

感触体の中には刺胞があり、そこから毒を分泌しエサを捕まえるとか。

 

毒はあまり強くないようだが、触った人にはアレルギー反応が出る場合もあるので、偶然見つけても触れないよう注意が必要だ。(了)

 

 

出典元:Caters Clips:Mesmerising Blue Button Jellyfish(3/5)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top