Switch news

知っておきたい世界のニュース

真昼に火球が落下、カナダ上空で爆発した瞬間、都市が一瞬真っ白に染まる

真昼に火球が落下、カナダ上空で爆発した瞬間、都市が一瞬真っ白に染まる
Twitter/EarthCam

アメリカやカナダで昼間に隕石(Meteor)の一部か落ちてきて、一瞬都市が白く染まる様子が撮影された。

 

ニューヨーク州やオンタリオ州で多くの人が目撃

 

火球の落下が目撃されたのは12月2日、場所はアメリカやカナダの東海岸の広範な地域とされている。

 

しかもこの隕石は昼間に落ちてきて、やがて爆発。その瞬間、眩く輝き、都市が一瞬白く染まったという。

 

この落下の場面は、アメリカのニューヨーク州や、カナダのオンタリオ州で多くの人々に目撃されたが、メリーランド州やミシガン州、オハイオ州、ペンシルベニア州、バージニア州でも目撃情報が寄せられたそうだ。下の動画は、カナダのトロントにあるCNタワーでの様子。

 

大きな音も響き、窓を揺らす

 

アメリカ隕石学会(American Meteor Society:AMS)も、この日の夜までに7つの州から、150件の報告が寄せられたという。

 

特にニューヨークに住む十数人からは、大きな音が聞こえたと報告され、そのノイズは激しく、窓を揺らしたほどだったとか。

 

この音は隕石が、高度約30マイル(約48km)の下にある成層圏を突き抜け、爆発した際に起きたとされ、また隕石は時速9万kmの速さで西へ向かい、高度35kmのところで粉々に砕けたと考えられている。

 

先日は日本でもかなり明るい火球が目撃されたが、昼間でもこのように街を明るく照らす映像は、ちょっと珍しいかもしれない。(了)

 

出典元:ABC News:East Coast meteor lights up sky from New York to Ontario(12/4)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top