Switch news

知っておきたい世界のニュース

アフリカで「アドルフ・ヒトラー」と名乗る政治家が、選挙で勝利

アフリカで「アドルフ・ヒトラー」と名乗る政治家が、選挙で勝利
flickr_quapan

アフリカ南西部のナミビア共和国で、意外すぎる名前の政治家が選挙に勝利し、注目を集めている。

 

「ナチスとは関係ありません」

 

その政治家の男性とは、「アドルフ・ヒトラー・ウノナ」さんだ。ヒトラーさんは先週、Ompundjaの選挙区で多数の支持を得て、評議員に当選したという。

 

しかしヒトラーさんは、ドイツ紙の「Bild」の取材に対し「ナチスのイデオロギーとは、何の関係もありません」と答えている。

 

ヒトラーさんは、植民地支配やマイノリティの白人支配に反対し、与党の「South West Africa People Organization(Swapo)」党から出馬。選挙区では85%の得票を得て、当選したそうだ。

 

ドイツの名前は珍しくはない

 

ナミビアは1884年から1915年まで、ドイツの領土の一部(植民地)だったため、未だにドイツ語を話す少数のコミュニティもあり、「アドルフ」といった名前も決して珍しくはないという。

 

またヒトラーさんは、自分の名前を付けた父親について「アドルフ・ヒトラーが何を表しているかについて、恐らく理解していなかったのではないか」と話している。

 

さらにヒトラーさん自身も子供の頃は、自分の名前が普通のものだと考えていたとか。ヒトラーさんは次のように語っている。

 

「私は成長するまで、この男が世界全体を征服したがっていたことに、気づきませんでした。私はそれらのこと(ナチスドイツ)とは全く関係ありません」

 

ヒトラーさんの妻は彼のことを「アドルフ」と呼んでおり、公にもこの名前で知られているため、今後も変更する予定はないという。

 

ちなみに1904から1908年に、ドイツ人の入植者らは先住民ヘレロ人とナマ人数万人を殺害。歴史学者らは、これらを20世紀で最初に起きたジェノサイド(大量虐殺)だとしている。(了)

 

 

出典元:NYPost:Politician named Adolf Hitler wins election in Namibia(12/3)

出典元:BBC:Namibia: Man named after Adolf Hitler wins local election(12/3)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top