Switch news

知っておきたい世界のニュース

ロシアの反体制派のリーダー、ナワリヌイ氏が重体、毒を盛られたか?【機内映像】

ロシアの反体制派のリーダー、ナワリヌイ氏が重体、毒を盛られたか?【機内映像】
Twitter/BuckleUpButtercup

ロシアの反体制派のリーダーであるアレクセイ・ナワリヌイ氏(44)が病院へ運ばれ、重体に陥っているとして、毒を盛られた可能性が指摘されている。

 

昏睡状態、人工呼吸器に繋がれる

 

ナワリヌイ氏の広報担当・Kira Yarmysh氏がツイッターに投稿した内容によれば、同氏は8月20日の朝、シベリアからベラルーシの首都・ミンスク(モスクワとの報道も)へ戻る機内の中で具合が悪くなったという。

 

そして飛行機は途中にあるオムスクの空港に緊急着陸。ナワリヌイ氏は降ろされ、地元の病院へ搬送されたそうだ。

 

ナワリヌイ氏は意識不明の重体で、昏睡状態に陥っており、人工呼吸器につながれているという。その上でYarmysh氏は次のようにツイッターに投稿している。

 

「わたしたちは、アレクセイが紅茶の中に何かを混ぜられ、毒を盛られたと考えています。その紅茶は、朝以来彼が飲んだ唯一のものです。医者は言っています、毒物は熱い液体によって素早く吸収されたと」

 

またYarmysh氏は警察に通報し、現在ナワリヌイ氏のパーソナル・ドクターが彼と一緒にいると述べている。下の写真は飛行機に乗る前、バスの中で支援者と一緒に映っている様子。

 

「確かなことはまだ分からない」

 

オムスクにある病院は、TASS通信に対して、ナワリヌイ氏が毒物治療用の集中治療室に入っていると述べている。また主任医師は、ナワリヌイ氏の症状は深刻だが、安定はしていると述べたとか。

 

また主任医師は記者会見において、地元メディアに対し「現時点で、ナワリヌイ氏が毒を盛られたかどうかを確認することはできない」と主張。「毒について確かなことはまだ何もない」とし、「自然の毒である可能性もある」と述べている。

 

他の乗客によれば、ナワリヌイ氏が機内でトイレに行った後、呻き声が聞こえてきたという。下はその様子と思われる映像。

 


下は機内から運び出される様子。

 

腐敗を暴き、草の根運動で注目を集める

 

ナワリヌイ氏はロシアでも最も著名な反体制派のリーダーで、反汚職の調査と草の根運動を通じて、たびたびプーチン大統領に異議申し立てを行ってきた人物だ。

 

同氏が行った調査は、通常動画として公にされ、ロシア政権中枢の高官、またはプーチン大統領の側近たちの疑わしい汚職を暴露し、数百万回も再生されるなどして人々を惹きつけてきたという。

 

また最近、ナワリヌイ氏の組織は、モスクワでプーチン大統領に対する最大の抗議デモのいくつかを支援してきたそうだ。

 

しかし昨年、ナワリヌイ氏は抗議活動によって逮捕され、短い刑期を務めていた時に、顔に酷い炎症を起こし入院しており、その時も同氏のチームは「毒を盛られた」と主張していた。ただ当局は当時、ナワリヌイ氏が「アレルギー反応」で苦しんでいたと述べている。

 

ABC Newsではこれまで数年間、ロシア政権内の反対勢力だった前首相や高官なども、銃で撃たれて殺されたり、毒殺されたりしてきたと伝えている。(了)

 

 

出典元:ABC News:Russian opposition leader Alexey Navalny ‘poisoned’(8/20)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top