Switch news

知っておきたい世界のニュース

ロシアの実業家がウクライナ侵攻を痛烈批判「90%のロシア人は戦争に反対している」

ロシアの実業家がウクライナ侵攻を痛烈批判「90%のロシア人は戦争に反対している」
Twitter/Armed Forces

ロシア人の実業家が、これまでにない強い口調で、プーチン大統領によるウクライナ侵攻を批判した。

 

「この狂った戦争には何の恩恵もない」

 

その実業家とは現在、イギリス政府からも制裁を受けている、銀行家のオレグ・ティンコフ氏だ。

 

彼は先日、自身のインスタグラムを更新。自らの写真を投稿し、ウクライナでの「狂気の」戦争に反対し、ロシア政府の軍事行動の支持者を「あほう」と呼び、次のようにコメントした。

 

「この狂った戦争には何の恩恵もありませんね。罪のない人々や兵士が死んでいる。将軍たちは二日酔いで目が覚め、自分たちがクソみたいな軍隊を持っていることに気づいたのです。この国の他のすべてがクソで、縁故採用と隷属主義(奴隷根性)にまみれているとしたら、どうして軍隊が良いものになるのでしょうか?」

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Oleg Tinkov(@olegtinkov)がシェアした投稿

スポンサーリンク

「どの国でも10%のバカはいる」

 

またティンコフ氏は、ロシア軍が戦車などの車体に描いている「Z」のマークにも言及。次のように述べた。

 

「もちろん、Zを描くバカはいますが、どの国でも10%のバカはいます。ロシア人の9割はこの戦争に反対しているのです」

 

さらに彼は英語で、西側諸国に対して「どうかプーチン氏の顔を立てて、この大虐殺を止めるために、プーチン氏に明確な出口を与えてください。もっと理性的で人道的になってください」とお願いした。

 

Instagram/olegtinkov

 

この投稿を見た、「Financial Times紙」のMax Seddon氏は、「私が見た中で、ロシアの億万長者からの、最も強く反戦を訴えるコメントだ」とツイートした。

 

 

しかし「The Guardian」のリポーターであるPjotr Sauer氏は、ティンコフ氏がロシアの「フェイクニュース」法に基づく裁判に直面する可能性があると指摘している。

 

 

ロシア議会は先月、軍に関する意図的な「フェイクニュース」を流した場合、最高で15年の懲役刑を科すという法律を可決した。(了)

 

出典元:The Guardian:Russia-Ukraine war latest: Mariupol ‘offered ceasefire’ for surrender; eastern city of Kreminna captured by Russia(4/19)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

Return Top