顔の運動を行うと、40歳以降の女性の表情が若返る可能性あり:米研究

Northwestern

顔のエクササイズは果たして本当に効果があるのか?それを調べるための研究が行われ、結果が1月3日に「JAMA Dermatology」において発表された。

 

40歳以上の被験者が20週間続ける

 

その調査を行ったのは、アメリカにあるNorthwestern大学医学部や医療皮膚科の研究者たち。彼らは40歳から65歳の女性の被験者に、インストラクターから与えられた90分間の顔のトレーニングを、まずは目の前で2セット行ってもらったという。

 

その後、被験者は自宅で同様のエクササイズを20週間行ったそうだ。

 

最初の8週間、被験者はエクササイズを毎日、30分間実施。さらに9週目から20週目には、1日おきに、やはり30分取り組んだとされている。

 

32種類の顔のエクササイズ

 

このエクササイズは、研究論文の共同執筆者で、「Happy Face Yoga」のインストラクターも務めるGary Sikorski氏が提供したもので、頬をすぼめたり、捻ったりする運動が含まれているとか。

 

例えば口を開いてOの字にし、上唇を歯の上に置き、頬の筋肉を持ち上げるように笑顔を浮かべたり、指を頬の上に置いて筋肉を下ろしたり、逆に上へ押し上げたりする動作もあるという。

 

そして被験者はこれらの32種類に及ぶエクササイズを、1つにつき約1分間行ったそうだ。

 

また27人の被験者のうち16人が調査の期間、このエクササイズを完全に行ったとされている。

 

その後、調査を行う前の写真と、エクササイズをやり終えた後の写真を比較。19の特徴について、何も知らされていない皮膚科専門医によってそれぞれ評価が下された。

 

20週間行うと51歳から48歳へ

 

彼らはstandardized facial aging scaleという指標を使って査定したが、この結果、全体的に頬の上部と下部のふくらみがエクササイズにより、大きく高まっており、また見た目の平均年齢も調査の期間中に下がっていったという。

 

実際、調査の初めは平均年齢が50.8歳と査定されたのに対し、8週間のエクササイズを行った後は49.6歳に低下。さらに20週間行った場合は、48.1歳に見えると評価されたそうだ。

 

また参加者も、ほぼ全ての顔のエリアに改善が見られると気付いており、非常に満足していたとされている。研究を行ったMurad Alam博士は次のように語っている。

 

「今や、フェイシャルエクササイズが見た目を改善し、目に見える加齢の印を減らす可能性があるという証拠がいくつかあります。エクササイズは顔の筋肉を拡張させ、さらに強くさせ、その結果顔がより引き締まり、抑揚を与え、より若い顔のように形作るのです」

 

わずか20週間で3年も若返るとは、試してみる価値はあるかもしれない。(了)

 

 

出典元:Northwestern:Facial exercises help middle-aged women appear more youthful(1/3)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でswitch newsをフォローしよう!