Switch news

知っておきたい世界のニュース

カメラやセンサーもなく、「感覚」だけで階段を昇り降りするロボットを開発中

カメラやセンサーもなく、「感覚」だけで階段を昇り降りするロボットを開発中
YouTube/Dynamic Robotics Laboratory

周囲の状況を感知できないまま、階段を昇り降りするロボットの開発がアメリカで続けられ、その映像が公開されている。

 

「体の感覚」を使うようトレーニング

 

そのロボットとは、「Cassie」。オレゴン州立大学の「Dynamic Robotics Lab」の研究者によって、開発が進められているという。

 

「Cassie」の特徴は、2足歩行で、カメラもセンサーもないこと。にも関わらず、このロボットは、階段を昇り降りできるそうだ。

 

実は「Cassie」は、「体性感覚(または身体意識)」を使うようトレーニングを受け、平らではない凸凹の場所を歩けるという。

 

実際に研究チームは、シミュレーターを使って、階段や平地を含むさまざまな状況への対処法を「Cassie」に教えた。その結果、人間が夜に地下室へ忍び込むのと同じように、体性感覚だけで階段を昇り降りできるようになったそうだ。

 

体重を移動させることなく立てる

 

「Cassie」は2017年に作られ、頭はないが、腰には3つの自由度があり、足を前後左右に動かすことができ、同時に回転させることもできる。

 

また足首に動力が搭載されているため、絶えず動いて体重を移動させてバランスをとる必要もなく、その場に立っていることができるという。

 

このため「Cassie」は、滑らかで人間に近い歩行ができるので、複雑な地形を移動するのに適しているそうだ

 

そして激しく棒で打たれても立ち続け、火の中を歩いたり、「セグウェー」に載ったりすることにも成功。また10回のトライアルで、階段を昇る成功率は80%、降りる成功率は100%になったそうだ。

 

しかしなぜ、カメラやセンサーをつけずに移動する必要があるのか?研究者によれば、霧や薄暗い明かりなど、ロボットの視界を遮る要因があった場合に、この機能が重要になるという。(了)

 

 

出典元:MailOnline:‘Blind’ robot learns to navigate a flight of stairs for the first time by feeling its way(5/19)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top