Switch news

知っておきたい世界のニュース

世界に散らばる新型コロナの総質量は10kg以下、1個の重さから推計

世界に散らばる新型コロナの総質量は10kg以下、1個の重さから推計
flickr_Yuri Samoilov

世界で猛威を奮っている新型コロナウイルス。その全体量について、ある研究が発表された。

 

1人が1から10マイクログラムのウイルスを保有

 

その研究を行ったのは、イスラエルやアメリカの研究者たちだ。

 

彼らはまず、新型コロナウイルス1個の重さが1フェムトグラム(0.000 000 000 000 001g)であると推定。またアカゲザルのウイルス量の推定値をもとに、感染した人間の中にどれだけのウイルスが存在するかを大まかに計算したという。

 

その結果、1人の人間が持つ「SARS-CoV-2」の質量が、1から10マイクログラムあると判明した。ちなみに感染ピーク時には1人あたり、推定10億から1,000億個のウイルスを保有しているとも言われている。

 

さらにパンデミック期間中、一度に100万人から1000万人が感染したと考えた場合、活性化したウイルス粒子の総重量は0.1kgから10kgの間に収まるはずだと結論づけた。(世界での累計感染者数は約1億7700万人)

 

これはちょうどリンゴ1個分から幼児の体重と等しい重さとなる。

 

1回の感染で生まれる変異株を推測できる

 

もっともこれらのウイルスの総質量を知ることは、たいして重要とは思えないかもしれない。

 

ただ研究者によれば、活性化したウイルスの量を見積もることによって、1回の感染でどのくらいの変異株が生まれるかを推測できたという。

 

研究者は1回の感染で「SARS-CoV-2」のゲノムに、約0.1個の変異が生じていると考えている。

 

つまり1カ月に及ぶと、約3個の変異株が生まれることになるが、この数字は同分野の他の研究結果とも一致するそうだ。

 

研究者らは、感染症におけるウイルスの絶対数を知ることで、病気の動態や免疫系の反応についての理解が深まる、と述べている。(了)

 

 

出典元:METRO:The global weight of all active Covid-19 particles is less than 10kg, study says(6/11)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top