Switch news

知っておきたい世界のニュース

長年の密猟の影響で進化?牙のないアフリカゾウに遺伝的変異が起きていた

長年の密猟の影響で進化?牙のないアフリカゾウに遺伝的変異が起きていた
flickr_paulshaffner

象牙をとるために長い間密猟が行われていたことにより、ゾウが牙を持たないよう進化しているとの研究結果が発表された。

 

牙をもたないゾウの謎を調査

 

この研究を行ったのは、アメリカのプリンストン大学が率いた研究チームだ。

 

彼らはアフリカ南部の国、モザンビークにある「Gorongosa国立公園」に生息するメスのアフリカゾウが、なぜ牙をもたない状態で、しばしば生まれてくるのかを調査したという。(アフリカゾウの場合、オスとメス両方に牙が生える)

 

その結果、象牙を得ようとする大規模な密猟により、ゾウの集団の中で遺伝的な変異が起きていたと結論づけた。

 

内戦の資金源とされた象牙

 

そもそも1977年から1992年の間、モザンビークでは激しい内戦が繰り広げられ、その間高い頻度で牙を持つゾウが殺されてきたという。

 

これは対立する武装組織双方が、戦いを続ける資金源として、象牙を売っていたからだと言われている。

 

実際にこの期間中、90%のゾウが武装組織に殺されたそうだ。しかし牙のないゾウは殺されず、そのまま残された。

 

その後、繁殖が繰り返され「牙のない特性」が子孫に受け継がれた可能性が高くなったと考えられている。

 

実際、数世代後の今でも、国立公園に生息する約700頭のゾウのグループにその影響が見られるそうだ。

 

この研究を主導したプリンストン大学・生態進化生物学部のRobert Pringle氏は、次のように述べている。

 

「人間が自然に干渉することの影響を示しています。この研究が示しているのは、単なる数字以上のものだと思います。人間が与える影響は、文字通り動物の解剖学的構造を変えているのです」

 

オスの半数に遺伝子異常が見つかる

 

また研究では牙のあるゾウと牙のないゾウのゲノムを解析した結果、両者には遺伝的な違いがあることがわかったという。

 

さらにX染色体上に、哺乳類の歯の発生に関わる遺伝子を含む、ペアの候補遺伝子が見つかった。人間の場合、この遺伝子は側切歯の成長を遅らせるX連鎖優性症候群(疾患)と関連していると考えられている。

 

そして1つ以上の遺伝子に変異の疑いがあると、子宮内で正常に発育しないオスのゾウにとっては致命的となる。

 

このため牙のない母親から生まれた子ゾウのうち、約半数のオスがこの遺伝子異常を持っているため、密猟に遭うケースが多いゾウの群れでは、オスが極端に枯渇してしまうことになるそうだ。

 

しかしPringle氏は、自然保護の状況が最近のように良好であれば、彼らの調査集団ではこの症候群の頻度は減少すると予想しているという。(了)

 

出典元:The Guardian:Ivory poaching has led to evolution of tuskless elephants, study finds(10/21)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top