Switch news

World News Odyssey

ロボット

Tagged

Pickup

視覚に頼らず素早く動く、「触覚」で判断するMITのロボットがすごい

視覚に頼らず素早く動く、「触覚」で判断するMITのロボットがすごい

アメリカのマサチューセッツ工科大学が開発した、新しい仕組みのロボットの動画が公開され、注目を集めている。 障害物のある階段も登れる そのロボットとは「チーター3(Cheetah 3)」。重さ90ポンド(約40kg)で、ちょうどラブラドールの成犬くらいの大きさの、4足歩行のロボットだ。 これ...
人間のようにジョギングするロボット、バランスを保ち走り続ける映像を公開

人間のようにジョギングするロボット、バランスを保ち走り続ける映像を公開

アメリカのロボットメーカーが、新たな機能を示したロボットの動画を公開し、注目されている。 人間のように自らジョギングする そのメーカーとは、マサチューセッツ州を拠点に活動している「ボストン・ダイナミクス」。 彼らは5月10日に、YouTube上で新たな機能を備えたロボットの映像を公開した。...
機械は人の仕事を奪わない?スウェーデンの研究で明らかに

機械は人の仕事を奪わない?スウェーデンの研究で明らかに

スウェーデンによる最新の研究により、機械が人の仕事を将来的に奪う可能性は低いことが明らかになった。 機械に人の仕事が奪われる可能性は低い 「The Substitution of Labor(労働の代替)」と題された研究を発表したのは、スウェーデン・ストックホルムにあるストックホルム商科大学の研究者...
日本では2020年までに、8割もの高齢者がロボットから支援を受けるようになる?

日本では2020年までに、8割もの高齢者がロボットから支援を受けるようになる?

2020年までに、8割にも及ぶ高齢者がロボットから介護を受けるようになると報じた海外メディアの記事が話題を呼んでいる。 2025年までに介護の人手は37万人不足 これを報じたのは英国の日刊紙The Guardian。 高齢社会に直面する日本では、2025年までに介護の人手が37万人ほど不足...
「お先へどうぞ」仲間のために部屋のドアを開けるロボットがユニーク

「お先へどうぞ」仲間のために部屋のドアを開けるロボットがユニーク

アメリカでロボットの研究開発を手掛けている企業、「ボストン・ダイナミクス」が、ロボットの新しい動画を公開し、話題となっている。 ドアを押さえ、先に仲間を通す その映像に登場するロボットは「SpotMini」。以前作られた「Spot」よりも小さいサイズで、4本足を使い犬のように動きまわるという。&nb...
中国で1069体のロボットが同時にパフォーマンス、ギネスの新記録を達成

中国で1069体のロボットが同時にパフォーマンス、ギネスの新記録を達成

中国で数多くのロボットが一斉にダンスを行い、ギネス記録を塗り替えた。 シンクロして同時にパフォーマンス 新たな記録が生まれたのは8月18日、場所は広東省の広州市内とされている。 パフォーマンスを行ったロボットとは、中国のWL Intelligent Technology社が開発した「Dob...
高速で動き回り、障害物をジャンプして越えられる2脚車輪ロボットが驚異的

高速で動き回り、障害物をジャンプして越えられる2脚車輪ロボットが驚異的

グーグルの親会社「Alphabet」が所有するメーカーが、高い運動能力を持つロボットを開発し、注目を集めている。●障害物があってもジャンプして越える そのロボットメーカーとは「Boston Dynamics」。彼らは2脚車輪で動き回るロボット「Handle」を開発し、その能力を動画で披露した。 動画の中の「Handle...
Return Top